今回のハテナ
> 平成20年8月31日放送分 「なぜシカがやってくる?」
(罫線)
今回のねらい


以前番組でも取り上げた人里での動物問題。シカなどが農地に出て来て、作物が被害にあっているという。最近では耕作放棄地という言葉も出てきた。高齢化などで耕作を断念する農家が増え、それに伴いシカが好む環境が里山で増えているという。又、シカが増えたことで、ヤマビルも里山に出現するようになった。なぜか?シカの増加、ヤマビルの出現には日本の農業問題があるというが、一体どういう事なのか?その背景をトコトン追求します。     


今回のねらい
企画のポイント

■ヤマビル探し!

シカと共に人里に出てくるようになったヤマビル。最近では民家のすぐそばまで出て来ているという。なぜ?シカとヤマビルの関係とは?ヤマビルを探しに行ってみた。

企画のポイント

■もりちえみのシカ探し!

昼間は山の中にいる事が多いシカだが、夜になると人里に出てくるという。本当に民家の近くに出てくるのか?夜、シカを探してみると・・・。

企画のポイント

■高橋道場

1平方メートルの田んぼの稲から、お米はどれ位とれるのか?お茶碗だと何膳分?そして、お茶碗一杯はいくら位になる?高橋英樹が、日本の農業の問題を探ります。

高橋道場

高橋道場

高橋道場

■いまだかつてないトライ

元田んぼの草刈り!3年前までお米を作っていたという田んぼ。
今では雑草が生え、動物の隠れがになっているという。クワバタオハラが、そんな元田んぼの草刈りをお手伝い!

企画のポイント

企画のポイント

企画のポイント


ゲストコメンテーター

福山研二さん(森林総合研究所 研究コーディネータ 農学博士)

(罫線)
もどる