今回のハテナ
> 平成21年1月11日放送分 「最近の「声」 どうなっている?」
(罫線)
今回のねらい

普段話している自分の声や周囲の声。気にすることは少ないかもしれないけれど、声の高さは体格や社会的な要因で変化しているものらしい。今の女性の声は昔に比べて平均の声の高さは低くなっているとか。実際にはどのくらい変化しているのか、話す状況や話す相手で影響があるのか、調べてみた。
    


今回のねらい

企画のポイント

■女性の声 低くなったの?

声の高さは身長に比例する声帯の長さに左右され、全体的に背が高くなっている現在の女性は、昔に比べ理論的には声が低くなっているはずだという。実際のみなさんの声はどうなのだろう。
20〜40代の女性8人の地声を調べたところ、昭和30年代の女性の平均身長を基に割りだした声の高さより全員が低い声だった。また、現在の女性の平均身長から求めた声の高さと実際の声の高さはほぼ一致した。
以前に比べ女性の声は低くなっていた。しかしその理由は、体格が良くなったことだけでなく、社会的な要因があるという。女性の社会進出に伴い、説得力のある声として低めの声を使う傾向があるようだ。
 


女性の声 低くなったの?

■話す相手や状況で声は変わる?

高い声や低い声、知らず識らずに使い分けている?地声の高さを調べた女性について、初対面の男性と話すとき、その男性と電話で話すとき、電話で家族と話すとき、それぞれの場合で話す声の高さに違いがあるのか調べた。
また、男性についてはどうか?女性相手に話すことの多い美容師と、男性相手に話すことの多い理容師とで、声の高さに違いがあるかどうか調べた。さらに、美容師が男性客と接するときと女性客の場合とでは違うのか?
一般に、話す声は耳で聞いた情報をフィードバックしていて、その場で優位な人の声に合わせる傾向があるという。
現在の男性は、昔に比べ体格が大きくなり、声自体は低くなっている。しかし、感情表現のために高い声も積極的に使われるようになっているようだ。
 


話す相手や状況で声は変わる?

■聞きやすい声ってどう出すの?

高い声のもりちえみと低い声の小原正子がボイストレーニングに挑戦。結婚式のスピーチを材料に、二人の声を改造してみると・・・ 


聞きやすい声ってどう出すの?

■高橋道場〜高橋英樹の声はどんな声?〜

高橋英樹の声を声紋分析すると、腹式発声や爽やかに聞こえる高周波成分といった聞きやすい要素がそろっていた。その声をいろいろに加工して聞いてみる。


高橋道場


高橋道場


高橋道場

ゲストコメンテーター

鈴木 創(すずき・はじめ) 日本音響研究所 主任研究員

(罫線)
もどる