今回のハテナ
> 平成21年7月19日放送分 「地下の水ってどうなってる?」
(罫線)
今回のねらい

 夏には冷たくてうれしい井戸水ですが、上水道が整備されたことで特に都市部では、井戸は確実に減っています。さらに、かつて社会問題となった地盤沈下や地下水汚染も利用の減少に拍車をかけたといいます。しかし、もし地震などの災害で水道が止まってしまったら、頼みの綱は井戸の水。いま、都市部の地下の水はどんな状況なのでしょうか。
 いつの間にか身近なものではなくなってしまった井戸水・地下水に、意外な問題が起きていた?見えないからこそ知っておきたい地下水の現状にトコトンハテナ!


今回のねらい

企画のポイント

■いまだかつてないトライ 〜都会で井戸探し〜
 小原正子(クワバタオハラ)が東京の町なかで、昔から使われている井戸を探してみた。商店街の豆腐店や銭湯、一般のお宅を訪ね井戸の利用について聞いたところ、周囲の開発の影響を受け涸れてしまっていたり、水が汚れて飲み水としての水質基準を満たせない井戸もあった。
 世田谷区の「震災時井戸水提供の家」に登録している一軒のお宅では、今年は検査で飲用に不適とされたが、災害時の停電を考え手動ポンプとつるべ落としの滑車を取り付けて万全の備え。区内には「震災時井戸水提供の家」が1500以上も登録されているという。
 最後に訪ねたお寺には、そのまま飲める井戸水が。井戸のそばには大きなケヤキの木が枝を広げていた。これが地下水の浄化を助けているのでは、とのこと。

いまだかつてないトライ 〜都会で井戸探し〜


いまだかつてないトライ 〜都会で井戸探し〜


いまだかつてないトライ 〜都会で井戸探し〜

■高橋道場 〜水の飲み比べ〜

 スタジオに4種類の水を用意。東京の水道水、市販のミネラルウオーター、世田谷区の井戸水、中野区の井戸水。これらの水を飲み比べ出所を当てる“きき水”に高橋英樹が挑戦。結果は、中野区の井戸水とミネラルウオーターのふたつは見事正解だった。


高橋道場 〜水の飲み比べ〜


高橋道場 〜水の飲み比べ〜


高橋道場 〜水の飲み比べ〜

■地下水汚染がすすんでる?
 便利な水道の普及とともに利用されなくなっていった都市部の井戸水、地下水。すると土地の汚染にも無頓着になり地下水が汚染されていく。汚染されるとますます使われなくなる。都市部で一般に井戸水・地下水への関心が低いのは、こんな経緯の結果らしい。
 工場などから流された有害物質によって日本各地で地下水は汚染されているという。汚染が発覚した場所ではいま、地下水を地上へ汲み上げ汚染物質を地下から取り出す作業が行われている。放置すれば汚染物質は地下水といっしょにさらに広く深く浸透していってしまうためだ。
 汲み上げた地下水は、汚染物質を浄化すれば普通に利用することが出来る。実際、地下水の汚染は単純で浄化しやすいのだという。汚染された地下水でも浄化しながら適量を利用することが持続的な環境利用だとゲストの井氏は主張する。

地下水汚染がすすんでる?


地下水汚染がすすんでる?


地下水汚染がすすんでる?

■地盤沈下はどうなった?
 かつて、地下水の過剰な汲み上げによる地盤沈下が各地で大きな問題になった。そのため地下水の利用は厳しく制限されるようになり、およそ四十年たったいまも規制は続いている。調査によれば、現在では全国的に地盤沈下は沈静化し、地下水位も回復。逆にJR東京駅や上野駅では地下水位が上昇したことで建物が浮かび上がる危険があり、補強工事をしたり、地下水を川に引いて放水するなど対策に追われている。
 行き場のない地下水。汲み上げて活用したくても、地盤沈下の頃の利用規制が続き、莫大な費用をかけた水道事業も維持しなければならないとあって、地下水利用はままならないのが現状だ。
 しかし、行き場のない地下水は、地震の時、土地を液状化しやすくするものでもある。現在、東京湾周辺や大阪の都市部では地下水位の上昇により、液状化の危険性が高まっているという。ゲストの井氏は、地下水は科学的に管理しながら適度に使っていくことが必要だと言う。

地盤沈下はどうなった?


地盤沈下はどうなった?


地盤沈下はどうなった?

■見直される地下水
 東京の慈恵医大第三病院では5年前から大規模な地下水浄化システムを導入し、病院で使う水の7割を地下水で賄っている。これにより、コスト削減だけでなく、災害時の水の安定供給を確保できるようになった。また災害時には、余った水を近隣の住民にも提供することになっている。
 災害時に拠点となる学校などでも、井戸を掘って地下水を利用しようという取り組みが徐々に増えている。

見直される地下水


見直される地下水


見直される地下水

ゲストコメンテーター
井 久(にれい・ひさし)NPO法人日本地質汚染審査機構理事長・地質汚染診断士
(罫線)
もどる