今回のハテナ
> 平成21年8月2日放送分 「電気はどこからくるの?」
(罫線)
今回のねらい

毎日消費している電気。その電気はどうやって作られ、どんなルートを経て家庭に届いているのだろうか?日本は、停電時間の少なさで世界トップクラスだそうだ。※注
需要と供給のバランスを誰がどこで調整しているの?
今回は山奥にある黒部ダムの黒部川第四発電所で作られた電気がどのようにして私達の家庭まで届くのか、送電鉄塔をたどって調査。途中にはどんな施設があるの?どうやって電気の安定供給を守っているのでしょうか?

※注:停電時間の国際比較データ(事故停電・年間)
日本    19分(2006年度)
イギリス  88分(2006年)
アメリカ  97分(2006年・災害による停電を除く)
電気事業連合会資料より


今回のねらい

企画のポイント

■もりちえみ黒部ダムへ!〜発電から送電までを追う〜

北アルプスの奥地、黒部ダム黒部川第四発電所を訪問。
一般では立ち入る事が出来ない「地下発電所」の中に入り、電気が生み出される現場をリポート。
さらにそこで発電された電気がどのように送られているのか送電鉄塔を追う!
山の奥地にある送電鉄塔の保守管理ってどうしている?
そしてその先には変電所や開閉所があった。そこは何をしている施設なの?
電気が送られていく仕組みを追う。


もりちえみ黒部ダムへ!〜発電から送電までを追う〜


もりちえみ黒部ダムへ!〜発電から送電までを追う〜


もりちえみ黒部ダムへ!〜発電から送電までを追う〜

■いまだかつてないトライ!〜クワバタオハラ電力危機を救えるか?〜

各地の発電所で作られている電気をリアルタイムでコントロールする施設、「中央給電指令所」を訪問。
365日24時間変動する電力需要に対し、どのような方法で安定供給をしているの?
そこで停電や断線などトラブルが起こった時の状況を再現。
二人のトラブル対応で電力供給を守る事ができるのかを訓練体験!?


いまだかつてないトライ!〜クワバタオハラ電力危機を救えるか?〜


いまだかつてないトライ!〜クワバタオハラ電力危機を救えるか?〜


いまだかつてないトライ!〜クワバタオハラ電力危機を救えるか?〜

■高橋道場〜スタジオで水力発電をしてみよう〜

黒部川第四発電所を再現。ここでは黒部ダム同様に高い位置から水を落とす。低い位置からと比べると発電力が変化してくる。
いかに落差を利用して水の勢いを強くするのがポイントのようです。


高橋道場〜スタジオで水力発電をしてみよう〜


高橋道場〜スタジオで水力発電をしてみよう〜


高橋道場〜スタジオで水力発電をしてみよう〜

ゲストコメンテーター
柏木孝夫  (東京工業大学 統合研究院 教授 エネルギー問題の専門家)
(罫線)
もどる