今回のハテナ
> 平成21年8月30日放送分 「最近 空見てますか?」
(罫線)
今回のねらい

ビルが立ち並び、高層マンションがふえ、もはや都市の空は、その広大さを感じることが難しいように思えます。また、都市生活に必要な照明や、交通などによる大気汚染により、夜空はかすみ、星までもが消えたとも嘆かれています。しかし一方で、大気汚染に関する規制は強化され、節電を心がける消費者生活で、都市部の空は変わりつつあるとも言われています。 今回は「東京の空は本当に何も見えないのか」をテーマに、街の明るさと大気汚染を調査しました。


今回のねらい

企画のポイント

■東京の空は変わったの?

今と昔、東京の空に変わりはあるのか?古い写真と現在の風景を比較しました。50年前の写真では、はるか遠くまで見通せた東京の空も、現在は少しかすみがかったように見えました。


東京の空は変わったの?


東京の空は変わったの?


東京の空は変わったの?

■大気汚染の状況は?都庁にインタビュー

東京都は都内の84ヶ所で大気の状況をリアルタイムで調査しています。大気汚染物質の大半は年々減少し、粉塵と関係が深いSPM値も減少し、国の規制値をクリアしています。スタジオでは、大気汚染のその他の可能性を話し合いました。


大気汚染の状況は?都庁にインタビュー


大気汚染の状況は?都庁にインタビュー


大気汚染の状況は?都庁にインタビュー

■国立天文台に夜空の現状をインタビュー

星が見えにくくなった理由を国立天文台で聞きました。すると、夜の街を照らす照明が夜空を明るくしているとのこと。足元を照らすだけでなく、空に光がもれてしまっていることが原因でした。


国立天文台に夜空の現状をインタビュー

■街は明るくなった?計測器を使って各地の明るさをチェック

私たちが住む街の明るさはどれくらいなのかを、照度計を使って調査しました。住宅が少ない場所から繁華街まで、一番暗い場所から一番明るい場所の差は200倍以上でした。


街は明るくなった?計測器を使って各地の明るさをチェック


街は明るくなった?計測器を使って各地の明るさをチェック


街は明るくなった?計測器を使って各地の明るさをチェック

■東京では星が見えるの?

プラネタリウムで東京の空を擬似体験しました。大気汚染や街の明るさの影響を調査しました。そして、8月に見られるペルセウス座流星群を東京都内の公園で観察。あいにく天候が悪く見ることは出来ません でしたが、夜空が明るい都市部で星を見る方法を勉強しました。


東京では星が見えるの?


東京では星が見えるの?


東京では星が見えるの?


ゲストコメンテーター
香西洋樹  (佐治天文台 台長)
(罫線)
もどる