今回のハテナ
> 平成21年9月13日放送分 「ジャガイモどうなっている?」
(罫線)
今回のねらい

今年は冷夏の影響で値段が上がっていた、というジャガイモ。それってどうして?今は、どうなっているの?そもそも、ジャガイモってどうして一年中売られているの?どうやって作るの?
普段当たり前にあるジャガイモが、どうように生産・流通されているのか。トコトン追究します。


今回のねらい

企画のポイント

■ジャガイモ、どうして値段が上がっているの?

今年8月後半頃のジャガイモは平年の2倍ほどのお値段になっていたらしい!ジャガイモは、時期をずらして一年中日本の各地で生産されている。(リレー栽培)
冷夏の影響で収穫が遅れ、バトンタッチの時期に谷間ができてしまった。その為、値上がりしてしまったのだ。


ジャガイモ、どうして値段が上がっているの?


ジャガイモ、どうして値段が上がっているの?


ジャガイモ、どうして値段が上がっているの?

■ジャガイモってどうやって作るの?

もりちえみが北海道今金町のジャガイモ農場を訪ね、収穫のお手伝い!本格的な収穫前の早出しジャガイモは、秋イモより皮が薄い。その為、機械で掘り起こされたジャガイモを丁寧に手で拾っていかなければならない。拾われたジャガイモは細かい規格選別をされ、貯蔵庫で保管される。


ジャガイモってどうやって作るの?


ジャガイモってどうやって作るの?


ジャガイモってどうやって作るの?

■高橋道場〜新ジャガと貯蔵されたジャガイモの違いとは?〜

収穫されてすぐの新ジャガと、長期間保存されたジャガイモ。味に違いがあるのか?食べ比べ。保存されたジャガイモの方が、明らかに甘みが増えていた。保存することで、デンプンが糖分に変わるのだという。


高橋道場〜新ジャガと貯蔵されたジャガイモの違いとは?〜


高橋道場〜新ジャガと貯蔵されたジャガイモの違いとは?〜


高橋道場〜新ジャガと貯蔵されたジャガイモの違いとは?〜

■ジャガイモの元の元を追跡!

ジャガイモは、種イモを植えて作る。種イモの元は、原種。その元は、原原種。その元は、ミニチューバーと呼ばれる小さなジャガイモ。ジャガイモは病気にかかりやすい為、このような長い行程を踏み、厳重な管理の下作られている。


ジャガイモの元の元を追跡!


ジャガイモの元の元を追跡!


ジャガイモの元の元を追跡!

■いまだかつてないトライ〜ジャガイモ生産の最初の作業に挑戦!〜

ジャガイモの最初の最初、ミニチューバーを作るための行程、成長点培養にもりちえみがトライ。顕微鏡で見ながら、ジャガイモの芽の先にある小さな成長点を切り出す作業を行う。


いまだかつてないトライ〜ジャガイモ生産の最初の作業に挑戦!〜


いまだかつてないトライ〜ジャガイモ生産の最初の作業に挑戦!〜


いまだかつてないトライ〜ジャガイモ生産の最初の作業に挑戦!〜


ゲストコメンテーター
大泉一貫  (宮城大学 副学長)
(罫線)
もどる