今回のハテナ
> 平成21年11月1日放送分 「学校の先生、以前とどう変わった?」
(罫線)
今回のねらい

今回は、スタジオを教室に仕立てて、出演者が学校の生徒、先生役に挑戦します!!
時代と共に学校も変化してきています。今と昔では生徒への接し方もこれまでと違ってきているのでしょうか?
また、ふざけてる生徒に対してどう対応したらいのか。
実際に体験してみました。


今回のねらい

■今と昔 〜高橋道場〜

高橋英樹が自分の子供時代に教わったような厳しい先生のイメージで不真面目な生徒たちを相手に授業!昔は普通だったことも今ではNGなことが…。
実際の学校では教壇が無いのも「くん」づけ「さん」づけで名前を呼ぶのも当たり前になってきています。
先生と生徒が1対1の人間同士の関係、というのが基本になってきているそうです。


今と昔 〜高橋道場〜

■不真面目な生徒を相手に接するポイント

ゲストの中山さんが騒ぐ生徒相手に対して授業の進め方を実演。どんなテクニックがあるのでしょうか?


不真面目な生徒を相手に接するポイント


不真面目な生徒を相手に接するポイント


不真面目な生徒を相手に接するポイント

■先生が困る生徒の発言

実際に先生が言われて困る発言を紹介。そんな時はどう対応したらいいのでしょうか?


先生が困る生徒の発言

■飽きさせない授業!

今は飽きる生徒より飽きさせる授業をする先生が悪いと言われるそうです。
そこでぶっつけ本番!クワバタオハラが生徒に飽きさせない授業に挑戦!!
また、中山さんに実演を交えて色んなポイントを紹介していただきました。


飽きさせない授業!


飽きさせない授業!


飽きさせない授業!

■保護者とのやりとり

生徒だけでなく保護者からの相談も先生の悩みのひとつになっているそうです。困った相談をしてくる保護者との3者面談。
高橋先生、小原先生が困った相談にチャレンジしていきます。


保護者とのやりとり


保護者とのやりとり


保護者とのやりとり


ゲストコメンテーター
中山 真  (早稲田アカデミー 教師力養成塾)
(罫線)
もどる