今回のハテナ
> 平成22年2月21日放送分 「引越しの荷物どのくらいあるの?」
(罫線)
今回のねらい

3月〜4月は引越しのピーク。年間の引越件数の6割近くがここに集中するという。 ハイシーズンを間近に最近の引越し事情が昔と比べてどうなったのかを調べてみます。 また、自分たちの荷物の量ってどのくらいあるの?という事で部屋の中の荷物の量と、そして重さも計測。 今回は「最近の引越し」を通して「人と荷物の量」を調べてみました。


今回のねらい

■引越しする際の見積もりは重要

業者の「見積もり職人」は短時間でその家の荷物がどのくらいの量なのかを把握する事が出来るそうです。それによって段ボールのだいたいの数やトラックの大きさ、当日の細かい段取りなども決めていきます。こういった事前の打ち合わせを怠るとトラブルの原因にもなるという。


引越しする際の見積もりは重要


引越しする際の見積もりは重要


引越しする際の見積もりは重要

■最近の荷造りってどうなっている?

以前は食器などの割れ物は大量の新聞紙を使用し1つ1つ梱包していました。最近では、ウレタン素材などを利用したケースが登場。こうしたゴミを出さない梱包ケースも登場してきています。


最近の荷造りってどうなっている?


最近の荷造りってどうなっている?


最近の荷造りってどうなっている?

■家の中の荷物どれくらい?

今回は戸建で暮らす家族の方とアパートで暮らす単身の荷物の量を調べてみました。
もちろん、事情や職業によって荷物の持ち物も量もばらばら。独身だから荷物が少ないかというと、そうでもない?各所の収納場所からは沢山の荷物が出てきました。


家の中の荷物どれくらい?


家の中の荷物どれくらい?


家の中の荷物どれくらい?

■食器を梱包してみよう

最近、業者が主に使用しているウレタン素材の梱包ケースと以前の新聞紙で食器を梱包してみた。やはり最近の梱包ケースの方が断然早く、またゴミも全く出ませんでした。そして万が一…の時を想定し、落下実験もしてみました。


食器を梱包してみよう


食器を梱包してみよう


食器を梱包してみよう


ゲストコメンテーター
大森緋可子さん (ひっこし110番 アドバイザー)
(罫線)
もどる