今回のハテナ
> 平成22年6月27日放送分 「猫の問題ってどういうこと?」
(罫線)
今回のねらい

一昔前、自治体に駆除要請が出るのは「犬」だった。しかし、最近はネコの苦情が増加。
野良猫化した飼い猫による「糞尿」「鳴き声」などによって地域住民が困っているという。また、飼い主のいない猫にエサをあげる通称「エサやりさん」と猫に困っている方が衝突するなどの住民トラブルも発生している。どうしたらこのようなトラブルを無くせるのか、その解決策は?。


今回のねらい

■ いまだかつてないトライ「猫がたくさんいる住宅街、どんなことに困っている?」

「野良猫が花壇におしっこをして困っている」「家の陰にフンをされてクサイ」「発情期の鳴き声がうるさい」など、そんな猫に困り果てた人々が様々な対策グッズをつかって猫の侵入を防ごうとしている。一方、飼い主のいない猫がかわいそうだとエサを与える人も…。


いまだかつてないトライ「猫がたくさんいる住宅街、どんなことに困っている?」


いまだかつてないトライ「猫がたくさんいる住宅街、どんなことに困っている?」


いまだかつてないトライ「猫がたくさんいる住宅街、どんなことに困っている?」

■ 高橋道場「猫対策グッズを検証」!

住宅街で多く見かける猫対策グッズ。猫がいやがる臭いのする忌避剤、水の入ったペットボトル、トゲのついたプレート、それらの効果を検証! 他にもちょっと高価な超音波発生防除器や水噴射機なども紹介。


高橋道場「猫対策グッズを検証」!


高橋道場「猫対策グッズを検証」!


高橋道場「猫対策グッズを検証」!

■ なぜ猫は捕獲できないの?

保健所はイヌは捕獲してもネコは捕獲しない。理由はネコを捕獲する法律や条例が無いこと。イヌの場合「狂犬病予防法」という法律があるため捕獲可能だが、ネコに狂犬病はない。よって、人間に生命の危機がないので行政は動けないのが現状だ。しかし、拾われた子猫が保健所や動物愛護相談センターに持ち込まれることもある。ただそんな子猫たちは飼育することができないため、そのほとんどは殺処分せざるおえない。


なぜ猫は捕獲できないの?


なぜ猫は捕獲できないの?


なぜ猫は捕獲できないの?

■ 新しい飼い主を探す方法

捨て猫などの新しい飼い主を探す活動をしているNPO団体「東京キャットガーディアン」。24時間体制で子猫を飼育。不妊去勢手術なども行い新しい飼い主へ猫を渡している。


新しい飼い主を探す方法


新しい飼い主を探す方法


新しい飼い主を探す方法

■ 「地域猫」活動

「地域で管理する猫」→「地域猫」活動を進める新宿区と千代田区。新宿区では町内会が猫専用トイレを設置管理して糞尿問題を解決。また千代田区ではボランティア団体が中心となって捕獲から不妊去勢手術を行い猫の数を減らすことに成功している。


「地域猫」活動


「地域猫」活動


「地域猫」活動


ゲストコメンテーター
井本 史夫さん (獣医師)
(罫線)
もどる