今回のハテナ
> 平成22年8月8日放送分 「家の中のどこが暑いの?」
(罫線)
今回のねらい

猛暑の今年、外はもちろん暑いけど家の中も暑い!
家の中がどうやったら涼しくなるのでしょう。暑さの原因はどこにあるのかサーモグラフィーを使って調査。
さらに窓によしずや緑のカーテンがあると効果はどれくらい?省エネで涼しく過ごせる最新住宅にはどんな工夫があるのか調べてみました。


今回のねらい

■ 家の中どこが暑い?

暑さの原因はどこかサーモグラフィーで色々な家の様々な所を調査。
窓・床・天井などの様々な所が熱くなっていました。住宅の窓や開口部から入ってくる熱は全体の約7割を占めるという。


家の中どこが暑い?


家の中どこが暑い?


家の中どこが暑い?

■ 省エネで涼しい家ってどんな家?

断熱性が高ければ少ないエアコンでもまんべんなく涼しくできるという家。サッシを木製にし、ガラスも特殊な2重ガラスなどにし壁の断熱に工夫。
一方、通気性を追求した家にも様々な仕掛けがありました。風をとる窓がたくさんあり、家の中の熱気が吸いだされる仕組みに。また天井ガラス窓に井戸水を流す工夫も。 また緑のカーテンを施した住宅や古民家等もサーモグラフィーで調査。


省エネで涼しい家ってどんな家?


省エネで涼しい家ってどんな家?


省エネで涼しい家ってどんな家?

■ エアコンの効率を上げるには?

夏、エアコンの稼働が多くなりますがエアコンの室外機対策を調査。直射日光が当たっていたり、回りが雑草だらけだと効率が落ちるという。それらを対策するだけでも効率が良くなりました。


エアコンの効率を上げるには?


エアコンの効率を上げるには?


エアコンの効率を上げるには?

■ いまだかつてないトライ〜暑い家を涼しく改造〜

簡単に出来る対策として窓によしずを立てかけるだけでどのくらい効果があるのか実験。設置前・設置後の温度、サーモグラフィーでみてみました。


いまだかつてないトライ〜暑い家を涼しく改造〜


いまだかつてないトライ〜暑い家を涼しく改造〜


いまだかつてないトライ〜暑い家を涼しく改造〜


ゲストコメンテーター
秋元孝之さん (芝浦工業大学 工学部 教授)
(罫線)
もどる