今回のハテナ
> 平成22年8月16日放送分 「夏のレジャースポットのゴミ
どのくらい出るの?」
(罫線)
今回のねらい

夏ともなれば、みなさんレジャースポットへ遊びに行きますよね?
人が集まる所といえば、やっぱりどうしても出てしまうのがゴミ!
そんなゴミはちゃんと持ち帰られているのか?
それともポイ捨てされているのか?
会場や施設では、どんな対策を取っているのか?
夏の人が集まる所のゴミ、トコトン調べました。


今回のねらい

■ 花火大会では、どれだけゴミが出ているの?

7月31日に行われた隅田川花火大会は約95万人の観客であふれかえったのですが、特設会場をのぞきゴミ箱は設置されない中、観客が出したゴミは一体どうなるのかを調査しました。
沿道でお店を営む方にインタビューをすると、観客のマナーは年々よくなってきていて、ゴミを持ち帰る人が増えているとのことでしたが、それでも花火が終了した後の路上には数メートルおきにゴミの山が出来ている状態。一人がゴミを放置するとそこに次々とゴミが捨てられるという現象が起こっていました。それらのゴミを片付けるのは、花火の 主催者や自治体の清掃担当の方々です。花火が終了するや否や、ゴミ袋の一つ一つを開けて分別し、回収していきます。不眠不休の作業は、翌日の朝9時すぎまでかかっていました。
特設会場にはゴミ箱が設置されているのですが、ゴミが分別されておらず、あふれかえっている状態。こちらも清掃担当の方々が袋をすべて開けて、ゴミを分別し、回収していました。
花火大会でのゴミは、原則持ち帰りがルールです。しかし、放置されたゴミは近隣住民のためにも、すぐに片づけなければなりません。
花火大会の後には、大勢の清掃担当の方々が人知れずゴミを片付けてくれているのです。


花火大会では、どれだけゴミが出ているの?


花火大会では、どれだけゴミが出ているの?


花火大会では、どれだけゴミが出ているの?

■ 河川のゴミって、誰がどうやって掃除しているの?

夏になると河原にはキャンプやバーベキューを楽しむ人がいっぱい。
今回は、荒川上流にある「かわせみ河原」でもりちえみがゴミ拾いのお手伝いをしました。
この場所は地元の方々によって管理されていて、特に夏場は毎日ゴミ拾いをしています。毎日ゴミ拾いをしていても、野球場大あるスペースで2〜3袋分のゴミがでるとのことでした。ここで出るゴミの種類は、 食品が入っていた袋、ペットボトル、花火・食べ物のカス、タバコの吸い殻など、ひどいものにはキャンプ用品をそのまま放置したり、家庭から出たゴミを捨ててしまったようなものまでありました。
荒川を下り河口付近の河原も調査すると、上流から流れてくるゴミが各所にたまっている状態でした。荒川の環境保護活動をされている方とともにゴミ拾いをすると、水に浮いて流されやすいペットボトルのゴミが 最近増えているとのことでした。


河川のゴミって、誰がどうやって掃除しているの?


河川のゴミって、誰がどうやって掃除しているの?


河川のゴミって、誰がどうやって掃除しているの?

■ 夏の施設、野球場!観戦終わりの球場って?

人が大勢集まる野球場では、何かゴミに対して対策を取っているのか?
そこで野球場の美化活動に力を入れている東北楽天ゴールデンイーグルスを取材。試合が行われる日には、地元のボランティアが集まり野球場ででたゴミの分別・回収を行い、積極的にリサイクルする活動が行われて いました。食品の容器を統一し、分別・回収をしやすくしたり、エコステーションという場所にボランティアが立ち、ゴミを持ってくる観客に分別の指示をして円滑な回収作業を行っているなど、いくつもの 工夫がみられました。球団とボランティアの方々が協力しあい、ゴミの削減とリサイクル活動に取り組まれていました。


夏の施設、野球場!観戦終わりの球場って?


夏の施設、野球場!観戦終わりの球場って?


夏の施設、野球場!観戦終わりの球場って?

■ 海水浴シーズン、浜辺って誰がどうやって掃除しているの?

海水浴で夏場には5万人以上が訪れるという湘南海岸を取材しました。
早朝5時に砂浜に行くと、大小さまざまゴミがあちこちに放置されている状態。広大なスペースを掃除するために、神奈川県ではビーチクリーナーという清掃車を導入しています。砂をかきあげ、小さなタバコの吸い殻 まで収集できるそうです。しかし、砂浜には大きなシートや日傘、ビン、カンなども捨てられていて、大きなゴミは清掃担当の方が手作業で処理もしていました。海水浴シーズンは毎日早朝にゴミ収集が行われ、約500 メートルの範囲に毎日500キロ以上のゴミがでるとのことでした。


海水浴シーズン、浜辺って誰がどうやって掃除しているの?


海水浴シーズン、浜辺って誰がどうやって掃除しているの?


海水浴シーズン、浜辺って誰がどうやって掃除しているの?

■ 高橋道場

高橋英樹が荒川河口付近に流れ着くゴミのワースト5を当てるクイズに挑戦しました。


高橋道場


高橋道場


高橋道場


ゲストコメンテーター
崎田裕子さん (環境カウンセラー)
(罫線)
もどる