今回のハテナ
> 平成22年10月3日放送分 「アルバイトの時給はどのくらい?」
(罫線)
今回のねらい

いまや、失業率は5%を超える時代。そしてサラリーマンの平均収入は430万円に。最低賃金は法によって定められていて、去年の東京の改定では、時給791円になりました(2010年10月24日には821円に)。
給料は下がっているのに、時給は上がっているの?
そこで、実際にアルバイトをやってみて、どんな仕事が時給どのくらいなのか実態を調査しました。その仕事には、どんなルールがあるのか?
トコトン調べました。


今回のねらい

■ カット野菜の仕分けアルバイトに挑戦!

東京・国立市にあるカット野菜の袋詰め施設で、アルバイト体験をさせてもらったのは、トコトンハテナに初登場の浜口順子。
カットされたタマネギを規定の分量に取りわける作業をきっちり1時間やらせてもらいました。
熟練したスタッフが作業すると1時間に約1000袋分作ることができるそうですが、初めてアルバイトに挑戦した浜口は、1/3以下のペース。
ここでの時給は800円から1200円。技術によって時給が決まります。
10月24日の最低賃金の改正時には、時給830円以上になるそうです。


カット野菜の仕分けアルバイトに挑戦!


カット野菜の仕分けアルバイトに挑戦!


カット野菜の仕分けアルバイトに挑戦!

■ ゴミ収集のアルバイトに挑戦!

東京・新宿区のゴミ収集アルバイトを浜口順子が1時間体験。
広範囲を手早く作業するために1か所のゴミ収集は1分から2分でこなさなければなりません。1時間の作業でゴミ収集車約2台分です。
実際には月払いのアルバイトですが、時給に換算すると1300円。
こちらではゴミを早く収集しなければならない夏場と、ゴミの量が増える年末年始にアルバイトの募集があるそうで、クチコミで多くの留学生が働いているとのことでした。


ゴミ収集のアルバイトに挑戦!


ゴミ収集のアルバイトに挑戦!


ゴミ収集のアルバイトに挑戦!

■ 引越し会社のアルバイトに挑戦!

アルバイトをさせてもらった引越し会社では、現場に出る前にしっかり研修を行い、テストに合格しなければ働けないとのことで、浜口順子がその研修を体験させてもらいました。
大きな荷物を丁寧に、かつ迅速に運ばなければならないので、チームワークが重要な仕事です。荷物運びのノウハウを学んだ浜口でしたが、評価は30点。しかし研修にも関わらず時給は1200円で、熟練スタッフになると時給はもっと上がるとのことでした。


引越し会社のアルバイトに挑戦!


引越し会社のアルバイトに挑戦!


引越し会社のアルバイトに挑戦!

■ たこ焼き店のアルバイトに挑戦!

全国に約300店舗、4000人以上の人が働くという、たこ焼き店で1時間のアルバイトをやらせてもらいました。
ガラス張りの店内は、調理場が通りを行きかう人や客にまる見えです。
ですので作業をしつつも、姿勢や言動に気をつけなければなりません。
鉄板を前に手早く作業するのに悪戦苦闘する浜口順子。
1時間ではまともなたこ焼きを作ることはできませんでしたが、研修期間の時給950円を頂きました。研修期間が終了すると時給は1000円以上になるそうです(取材した店舗での時給設定です)。


たこ焼き店のアルバイトに挑戦!


たこ焼き店のアルバイトに挑戦!


たこ焼き店のアルバイトに挑戦!

■ 野球場のビール売りに挑戦!

西武ライオンズの本拠地、西武ドームで観客席を行きかうビール売りのアルバイトを小原正子と浜口順子が体験させてもらいました。
球場のビール売りは、固定の時給プラス販売数による歩合があります。
そこで、小原と浜口が1時間でどれだけ売ることができるか対決!
順調に販売を重ねる浜口に、クワバタオハラの知名度を生かした小原が追い上げる展開に。重たいビールを背負い、階段の上り下りが大変な仕事ですが、客とのコミュニケーションが楽しく、あっという間の1時間のアルバイトでした。結果は小原が28杯、浜口が21杯の ビールを販売。交通費が足された時給で小原が1960円、浜口が1775円を頂きました。


野球場のビール売りに挑戦!


野球場のビール売りに挑戦!


野球場のビール売りに挑戦!

■ 高橋道場

高橋英樹が引越し会社で実施されている入社に必要な試験に挑戦しました。


高橋道場


高橋道場


高橋道場


ゲストコメンテーター
田中 宏彰さん (インテリジェンス 執行役員)
(罫線)
もどる