今回のハテナ
> 平成22年12月12日放送分 増える空き家!どうなっているの?
(罫線)
今回のねらい

近年、都心に増え続けるマンション。一方で、増加の傾向にあるという一戸建の空き家。
居住地の都心回帰が進み、東京40km以遠では空き家の長期化も目立つといいます。
一体どういう状況なのか?価格や購買層、昔と今で各地の住宅を取り巻く環境はどう変化しているのか?
現地を実際に直撃して調べてみました。


今回のねらい

企画のポイント

■ 空き家が増えた? 神奈川・横須賀市 〜いまだかつてないトライ〜

やってきたのは東京から約50km、電車では約1時間の通勤圏である神奈川県横須賀市。
最近この地域で空き家が増えているということで、地元の町内会長さん案内のもと、現地を調査しました。
このあたりは坂と階段が続く独特の地形に家が立ち並んでいます。建築当初は高台にある閑静な住宅地として栄えていたそうですが、かつての若者層が今や高齢者となり、土地離れが進んでいるそうです。
また、新たに家を建てたり、古くなった家を解体するにも大型重機などが入ってこれない為、一苦労とのこと。
市役所の方に話を聞くと、空き家を所有者の方に適正に管理してほしいと思ってはいるものの、連絡を取るにも所有者を特定するのが難しいというのが現状だそうです。


空き家が増えた? 神奈川・横須賀市 〜いまだかつてないトライ〜


空き家が増えた? 神奈川・横須賀市 〜いまだかつてないトライ〜


空き家が増えた? 神奈川・横須賀市 〜いまだかつてないトライ〜

■ 空き家を探せ 〜神奈川・横須賀市〜

そんな地域に実際住むとしたら、一体いくらで一戸建が買えるのか!?不動産屋さんと一緒に物件見学へ。
ある物件は駅から徒歩約10分。 1981年築/延床面積約74u/3LDKで、お値段は580万円。高台の静かで眺めの良い物件ですが、階段をずっとのぼった先にあるというのが、値段が安いひとつの要因になるそうです。


空き家を探せ 〜神奈川・横須賀市〜


空き家を探せ 〜神奈川・横須賀市〜


空き家を探せ 〜神奈川・横須賀市〜

■ 空き家を探せ 〜茨城・牛久市〜

続いてやってきたのは茨城県牛久市。東京から約50km。昭和50年代、東京のベッドタウンとして発展した地域です。
牛久駅の周辺には閑静な住宅街が広がっていますが、再開発が進む近くの駅前に分譲マンションが立ち並ぶようになり、利便性を求めた人々がそちらに移り住むこともあるそうです。


空き家を探せ 〜茨城・牛久市〜


空き家を探せ 〜茨城・牛久市〜


空き家を探せ 〜茨城・牛久市〜

■ 高橋道場! 〜家の値段 一体いくら?〜

以前は高値で売り出されていた一戸建、現在は一体いくらで買えるのか?建設当時の値段と比べてみると…
・1982年築/約118u/3500万円 →600万円    ・1988年築/約163u/8000万円 →1780万円
ずいぶんと値段が下がってきているようです。


高橋道場! 〜家の値段 一体いくら?〜


高橋道場! 〜家の値段 一体いくら?〜


高橋道場! 〜家の値段 一体いくら?〜

■ 空き家を探せ 〜千葉・大網白里町〜

最後にやってきたのは千葉県大網白里町。東京から約50km。こちらも東京から約1時間の通勤圏としてベッドタウン化が進んだ地域です。空き家はあるものの、ここではバブル当時に建てられた物件が安く手に入るという理由から、それらの多くは売却が割と早く決まることが多いそうです。


空き家を探せ 〜千葉・大網白里町〜


空き家を探せ 〜千葉・大網白里町〜


空き家を探せ 〜千葉・大網白里町〜

■ ゲストコメンテーター

荻原博子さん(経済ジャーナリスト)

(罫線)
もどる