今回のハテナ
> 平成23年4月24日放送分 地震のあと ごみはどうなった?
(罫線)
今回のねらい

未曾有の大惨事となった東北地方太平洋沖大地震。
その影響は各方面におよび、わたしたちの生活にも節電などさまざまな変化が表れました。そこで、生活と密接するごみを中心に、震災後のわたしたちの生活の変化を調べてきました。


今回のねらい

企画のポイント

■ 震災によって、ごみは変化した?

調べてみると、ごみの種類などに大きな変化はなかった。が!震災後の計画停電によって、実施される地域とされない地域で、大きな差が生まれていた。
訪ねたのは計画停電の実施区域にある立川清掃工場。こちらでは、震災以降大きな電力消費を伴う粗大ごみの焼却炉が一度も動いていませんでした(4月10日以降稼働再開)。これにより市民は粗大ごみを捨てることができないでいました。
一方、実施されない区域の品川清掃工場。こちらは大きな被害もなく、市民の生活にも影響はでなかった。それどころか、焼却によって発電した電力を東電に売却し、電力不足を補っていました。


震災によって、ごみは変化した?


震災によって、ごみは変化した?


震災によって、ごみは変化した?

■ トイレットペーパーの買い占め問題の影響は?

今回の震災で問題となったのが、トイレットペーパーの買い占め問題。市場では、品不足が続いたけど生産現場ではどうだったのか?メーカーに伺ってきました。そこでは、急激な受注増加に対応するべく以外な方法がとられていました。それは、シングルタイプのものより、ダブルタイプのものの方が生産効率が良いため、こちらを優先して生産されていたのです。


トイレットペーパーの買い占め問題の影響は?


トイレットペーパーの買い占め問題の影響は?


トイレットペーパーの買い占め問題の影響は?

■ 過去取材させていただいたところ影響ありましたか?

過去取材させていただいた中でも、今回影響がおよんだ思われる飲料メーカー、容器包装メーカー、インターネット通販会社にお話を伺いました。そこでは、受注増加した会社もあれば、受注が激減してしまった会社。また、大きな変化はなかった会社まで三者三様の返答を頂きました。


過去取材させていただいたところ影響ありましたか?


過去取材させていただいたところ影響ありましたか?


過去取材させていただいたところ影響ありましたか?

■ ゲストコメンテーター

崎田裕子さん(環境カウンセラー)

(罫線)
もどる