今回のハテナ
> 平成23年7月10日放送分 節電で涼しく過ごすには?
(罫線)
今回のねらい

これまで番組では、さまざまな節電方法を紹介してきました。
今年の夏、切実な課題となっている節電。消費エネルギー庁が出した夏の日中14時頃の消費電力(全世帯平均)の中でエアコンの電力使用量の割合は一番高くなるといわれています。
節電をしつつ、部屋を涼しく保つ方法はあるのか?番組が調査します。


今回のねらい

企画のポイント

■ 部屋を涼しく保つためには、風通しがカギ

エアコンを使用せずに、部屋を涼しく保つには風通しがカギ。
ということで江戸むらさきが、一軒家、マンション、アパートと家庭を訪問。
それぞれの家庭で出来る、風通しの方法を専門家と共にリポートします。


部屋を涼しく保つためには、風通しがカギ


部屋を涼しく保つためには、風通しがカギ


部屋を涼しく保つためには、風通しがカギ

■ 高橋道場

暑い夏に一番困るのが、夜眠る時の暑さ。
今回番組では、竹で作られたシーツと冷却ジェルで出来たマットの2つを用意。
2つをそれぞれ高橋さんには座ってもらい体験して貰いました。
表面温度をみるサーモグラフィーでシーツにつけていた手を比較して見てみると明らかに違いがでました。


高橋道場


高橋道場


高橋道場

■ エアコンのフィルターを掃除すると効率は本当にあがるの?

エアコンのフィルターを掃除することを推奨されていますが、本当のところどの位効果があるのでしょうか。
取り外しの出来るフィルターを掃除する程度の、家庭でできるお手入れ方法でも掃除をする前後で風の勢いが1.2倍に。
運転開始から2時間の消費電力は、約1.5%の節電になることがわかりました。


エアコンのフィルターを掃除すると効率は本当にあがるの?


エアコンのフィルターを掃除すると効率は本当にあがるの?


エアコンのフィルターを掃除すると効率は本当にあがるの?

■ ゲストコメンテーター

中上英俊さん(住環境計画研究所 所長)

(罫線)
もどる