今回のハテナ
> 平成23年10月23日放送分 震災のがれき 今どうなっている?
(罫線)
今回のねらい

東日本大震災では大量のがれきが発生しました。
その処理は今どうなっているのか、宮城県の2つの自治体を事例に、処理の現状と課題を取材します。


今回のねらい

企画のポイント

■ がれきのリサイクルできる? 〜宮城県・仙台市〜

仙台市は海沿いの地区を中心に被災。そこで発生したがれきは市内3ヶ所のがれき置き場に保管されています。
そのがれきのうち、半分はリサイクルを目指すんだそうです。がれきのリサイクル、できるんでしょうか?


がれきのリサイクルできる? 〜宮城県・仙台市〜


がれきのリサイクルできる? 〜宮城県・仙台市〜


がれきのリサイクルできる? 〜宮城県・仙台市〜

■ 高橋道場

仙台市のがれきとして回収された、木材・金属・たたみ。いずれもリサイクルされる物です。
では、この3つは何にリサイクルされるのでしょうか?


がれきのリサイクルできる? 〜宮城県・仙台市〜


がれきのリサイクルできる? 〜宮城県・仙台市〜


がれきのリサイクルできる? 〜宮城県・仙台市〜

■ まだ続くがれきの回収をお手伝い

仙台市で現在も行われているがれき回収。現場に行くとそこは広大な農地でした。
そこで、江戸むらさきの2人が手作業でがれきを回収。よく見ると、雑草の下にさまざまな小さながれきが埋まっていました。


■ まだ続くがれきの回収をお手伝い


■ まだ続くがれきの回収をお手伝い


■ まだ続くがれきの回収をお手伝い

■ 被災地最大のがれき量 その処理は? 〜宮城県・石巻市〜

1年で処理するごみの量の100倍、100年分のがれきが発生した石巻市。石巻市では宮城県に処理を依頼、来年から本格的に処理を始める予定なんだそうです。しかし、がれきの量が多く、現場には高く山積みされたがれきが・・・。


被災地最大のがれき量 その処理は? 〜宮城県・石巻市〜


被災地最大のがれき量 その処理は? 〜宮城県・石巻市〜


被災地最大のがれき量 その処理は? 〜宮城県・石巻市〜

■ ゲストコメンテーター

崎田祐子さん(環境カウンセラー)

(罫線)
もどる