今回のハテナ
> 平成23年11月27日放送分 太陽光発電 どのくらい使える?
(罫線)
今回のねらい

震災以降、節電意識や停電への備えが高まる中、太陽光発電が注目を集めている。
販売店などにも問い合わせが増えてきているという。
一般家庭で太陽光発電システムを設置したらどうなる?
太陽光発電だけでどのくらい使える?
また設置する際の屋根の形状や傾きでどのくらい発電量が変わってくるのか調査!
さらに最先端の太陽電池の研究施設で体験リポート!


今回のねらい

企画のポイント

■ 太陽光発電 どのくらい使える?

災害時など停電した時を想定し外部からの電気を遮断、太陽光発電システムだけを独立させてどのくらい家電製品が使用出来るのか
一般家庭で実験。
日中、薄曇りでしたがリビングではテレビや照明を使用する事が出来ました。また簡単な料理も作る事が出来ました。
しかし夕方になり太陽が当らなくなると発電量が落ち使えなくなってしまいました。


太陽光発電 どのくらい使える?


太陽光発電 どのくらい使える?


太陽光発電 どのくらい使える?

■ 高橋道場 〜太陽光発電パネルの角度でどのくらい発電量が変わる?

スタジオで擬似太陽光を作ってパネルの角度を変えてどのくらい発電量が変わってくるのか実験。
パネルに向かって太陽が直角に当るのが一番発電するようです。
地域によって太陽の高さが変化してくるため地域によって設置角度はポイントなんだとか。
また木などの障害物で陰が出来てしまったらどのくらい変わってくるのかも実験。


高橋道場 〜太陽光発電パネルの角度でどのくらい発電量が変わる?


高橋道場 〜太陽光発電パネルの角度でどのくらい発電量が変わる?


高橋道場 〜太陽光発電パネルの角度でどのくらい発電量が変わる?

■ 太陽光発電 設置工事を体験

太陽光発電の設置工事が原因でトラブルになる場合もあるという。
それを調査するため、設置技術を教える専門校で体験調査。瓦屋根の場合を例に施工を見てみました。


太陽光発電 設置工事を体験


太陽光発電 設置工事を体験


太陽光発電 設置工事を体験

■ 太陽電池 作りに挑戦

太陽電池の最先端の技術開発を研究している東京工業大学で実際に太陽電池作りに挑戦。
どのようにして作っていくのか?またそれがどうして発電されるのか体験リポート。


太陽電池 作りに挑戦


太陽電池 作りに挑戦


太陽電池 作りに挑戦

■ ゲストコメンテーター

小長井誠さん (東京工業大学大学院理工学研究科 教授)

(罫線)
もどる