今回のハテナ
> 平成23年12月4日放送分 冬の節電どうしたらいいの?
(罫線)
今回のねらい

2011年の夏、「節電」が重要な課題となりました。番組でも様々な節電方法を紹介。
この冬も「節電」が必要と言われています。
夏の節電対策の主なものとしてはエアコンが挙げられていました。
さて冬の有効な節電方法とは。番組が調査しました。


今回のねらい

企画のポイント

■ 節電生活をしている人、どんな節電方法をしている?

文京区では家全体の消費電力量を記録する機器「省エネビ」をモニターとして取り付けてもらい、その結果をランキングにし発表しています。
番組では夏にもランキングに参加している家庭を訪問しましたが、再びランキングに参加している方の家を取材させてもらいました。
節電に対する意識が高く、様々な工夫を見ることができました。


節電生活をしている人、どんな節電方法をしている?


節電生活をしている人、どんな節電方法をしている?


節電生活をしている人、どんな節電方法をしている?

■ 高橋道場 暖房器具の消費電力どれが一番大きい?

「エアコン」「こたつ」「ホットカーペット」これら3つの消費電力がどれくらい大きいのか高橋さんに「大」「中」「小」で予想してもらいました。実験をした結果は「ホットカーペット」「こたつ」「エアコン」の順に消費電力が高いことがわかりました。
さて高橋さんの予想は?結果は全てハズレ。
消費電力が一番低かったエアコンですが、これは実験をするときの外気温が平均13度と暖かいことが原因だったようです。
しかしメーカーが公式に発表している測定値でも、ホットカーペットの消費電力よりエアコンのほうが少ないことがわかりました。


高橋道場 暖房器具の消費電力どれが一番大きい?


高橋道場 暖房器具の消費電力どれが一番大きい?


高橋道場 暖房器具の消費電力どれが一番大きい?

■ 暖房のいらない家がある?

長野県に冬でも暖房のいらない家があると聞き、モデルハウスを見に行きました。
モデルハウスのある場所は冬の最低気温がマイナス10度という場所。
しかし、この家の中はそんな冬でもだいたい18度〜20度を保っているそう。
その秘密は、通常の住宅の4倍もの断熱材にありました。
この断熱材のおかげで照明や家電などから出るわずかな生活熱だけで暖かさを保てるのだそうです。


暖房のいらない家がある?


暖房のいらない家がある?


暖房のいらない家がある?

■ ゲストコメンテーター

中上英俊さん (住環境計画研究所 所長)
水谷 傑さん (住環境計画研究所)

(罫線)
もどる