今回のハテナ
> 平成17年10月16日放送分 「どうなってるの?子どもの遊び」
(罫線)
今回のねらい
遊ぶ場所がない、時間がない、相手がいないなど、色々言われている現代の子ども達…。果たしてそれは、子ども達の遊び方に問題があるのだろうか。
不登校や引きこもり、子どもがおこす殺傷事件などが問題視される中、遊びの足りなさや居場所のなさを過剰に意識し始めた大人の存在がどこかにあるのではないか。
子ども達の遊びを様々な角度で検証しながら、改めて今時の「遊び」について考える。
今回のねらい
企画のポイント
大人にとっての「遊び」 子どもにとっての「遊び」
親が安心できる子ども達の遊びや空間がある。しかし、大人たちがさせたい遊びと、子ども達がしたい遊びはそもそも違うのでは?
家の中や児童館で子ども達を直撃!
家庭⇒ 家の中での遊び、ルールにはどんなものがあるのか?ある家庭を検証。
児童館⇒ いつも施設の職員がいるため、親たちは安心…そんな児童館で最近は子ども達の遊びに変化があるという。それは一体何なのか?

子どもだけの世界 今時の「秘密の隠れ家」
大人が関わることのない、子ども達だけの世界「秘密の隠れ家」場所も材料も限られた現代っ子達の隠れ家とはどんなものか?
男の子達のワンパク隠れ家や、女の子達の可愛い隠れ家、はたまたお店の中に作ってしまったというビックリ隠れ家を拝見!

企画のポイント
企画のポイント
いまだかつてないトライ
高橋道場
高橋道場
高橋道場

■どうなってるの?現代っ子の遊び方
一人遊びの多い現代っ子はコミュニケーション能力に乏しく、皆で遊ぶことが苦手というけど、それって本当?
皆で遊ぶ定番「花いちもんめ」や「だるまさんがころんだ」で見てみることに。
クワバタオハラの2人も一緒に遊びながら、今時の子ども達の遊び方を検証する。果たしてルールを守って遊ぶことができるのか!?

高橋道場:テーマに即した研究材料をもとに高橋さんがハテナを極めるコーナー
高橋道場
高橋道場
高橋道場

ベーゴマ⇒ベイブレード、ビー玉⇒バトルビーダマン、チャンバラ⇒キバ王
昔の遊び道具が進化し、今の子ども達の人気を呼んでいるおもちゃがある…。
そこで、遊び道具の新旧対決!高橋英樹が50年ぶりにけん玉やベーゴマに挑戦!!

ゲストコメンテーター
尾木 直樹(おぎ なおき)
教育評論家。臨床教育研究所 虹所長。現在「放送と青少年に関する委員会」副委員長。
読売教育メール相談回答者など、マスコミを通じての発言も多い。
(罫線)
もどる