今回のハテナ
> 平成17年11月27日放送分 「投資ブームってホント!?」
(罫線)
今回のねらい
主婦や学生が株のデイトレードをしたり、為替取引をしたりというようなことが、珍しいことではなくなってきている。また、書店でも、株式投資などの実用書が数多く並んでいるなど、もはや一億総投資家、と言っても過言ではありません。
一昔前に比べて身近になった投資。でも、まだまだ慎重な考えを持つ人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、クワバタオハラが実際に株取引に挑戦!資産運用の目的は何か? 投資するときのリスクや問題点は、どこにあるのか? “投資ブーム”の実状を、トコトン!探ります。
今回のねらい
企画のポイント

■ゼロ金利時代の資産運用!?
ゼロ金利時代――。「資産を増やすには、自分で運用していくしかない!」ということで、株を中心とする投資が注目を集めているようです。
郵便局や銀行でも投資信託が販売されるなど、株はいまや身近なものになりました。しかし一方で、株式投資には「元本保証がない」というリスクがあります。
ハイリスク、ハイリターン。今までの時代にはない資産運用の術が求められています。

■投資ブームを支えているのは…
総務省の調査によると、30代独身女性の平均貯蓄額はおよそ480万円。今、投資ブームを支えているのは、そんな比較的お金に余裕のある独身女性や主婦層です。事実、証券会社などが主催する投資セミナーも、女性を対象にしたものが増えてきています。
そしてもうひとつ。投資ブームを支えている要素に「インターネット」があります。株の売買をする個人投資家の約8割がインターネットを利用。口座数はおよそ800万口座。そして売買高は、ここ半年で93兆円にも上っています。


企画のポイント
企画のポイント

いまだかつてないトライ〜クワオハが株を買ってみた!〜
いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ

クワバタオハラが、無謀にも(!?)自腹で株取引にチャレンジ!株はどこで買えるのか? どうすれば株は買えるのか? いくらあれば買えるのか? 金融知識が全くない2人が、株の専門家に付いて必死の勉強。
銘柄選びのポイントは3つ。「就職したい会社」「よく知っている会社」「売れ筋商品の会社」と教えられ、さっそく実践、株を購入。新聞や携帯電話で株価の動きを日々チェック、一喜一憂、哀願切望、喜色満面、七転八倒……。株価の動きにハラハラする二人。果たしてその結果は!?

高橋道場
高橋情報
高橋情報
高橋情報
株価が変動する要因は、実に様々。国内の政治や経済状況、原油価格や為替、天気や自然、はたまた芸能人の動きでも株価は上下します。世の中の動きと株価は、切っても切れない関係にあるのです。
高橋道場では、9月に行われた総選挙の実例をもとに、「選挙で株価が上がる業界」を高橋さんが推察! さて、その答えは…!?
ゲストコメンテーター
荻原 博子(おぎわら ひろこ)
経済ジャーナリスト
新聞・テレビ・雑誌などで幅広く活躍。不況時の保険、金融、住宅問題など、実践的なアドバイスをしている。
(罫線)
もどる