今回のハテナ
> 平成17年12月11日放送分 「食品表示でナニがわかるの?牛肉編」
(罫線)
今回のねらい
アメリカ産牛肉の輸入が、年内にも再開される見通しです。しかし、ある世論調査では67%の人が「アメリカ産は食べたくない」と答えています。
  では消費者が小売店の店頭で、こうした牛肉や、その他の食品を見分けるにはどうしたら良いのでしょうか。 
  その時の判断材料となるのが食品表示。表示は消費者が食品についての情報を得るための唯一の情報源ですが、いまだに「不正確」「解りにくい」「ウソ」表示も横行しています。
  そもそも食品表示にはどんなルールがあるのでしょう?不当な表示が無くならない原因はどこにあるのでしょう?また消費者が食品表示に対して「勝手に思いこんでいること」とは、どんな点なのでしょう?
  番組では消費者が実際に見かける機会の多い表示の例を取り上げながら、『大切な割に意外と知らない』食品表示について考えます。
今回のねらい
企画のポイント
企画のポイント

■牛肉を買う時にどこを見る?
本日オープンのトコトンスーパー。今回はスタジオに色々な牛肉のパックを集めました。ここで高橋英樹とクワオハの2人は「牛肉」を買う時、表示のどこを見て購入するのか?VTRでは一般消費者にも聞く。

■そもそも国産牛ってなんだろう?
一口に「国産牛」と言っても、その品種はさまざま。「和牛」だけが「国産牛」というワケではない。でも、こうした「国産牛」の実態は意外と知られていない? 「国産」「黒毛和牛」「交雑種」「ホルス」「オーストラリア産」等、皆さん違いが分かりますか?

企画のポイント
企画のポイント

いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ

クワバタオハラが【産地表示義務のない】加工食品やレストランの牛肉を使った商品の産地を探るため、店員に産地を直接聞く!
「この牛肉ってどこ産ですか?」果たして答えてくれるのか?

高橋道場
高橋情報
高橋情報
高橋情報
「牛肉に由来する成分」が含まれる加工品が集合
 どこにその成分が含まれているか?ゲストの垣田達哉さんに教えて頂く。
ゲストコメンテーター
食品表示アドバイザー 垣田達哉さん
(罫線)
もどる