今回のハテナ
> 平成18年1月15日放送分 「パソコン 使わなきゃいけないの?」
(罫線)
今回のねらい
 パソコンの世帯普及率、約78%―― いまやひと家庭にパソコンが2・3台、というケースも珍しくありません。パソコンがなければ日常生活が成り立たない! 仕事ができない! という人も、多いのではないでしょうか。
 一方で、「パソコンなんて触ったことがない」「必要ない」という中高年の方も、少なからずいるはず。
 IT機器と共に育った若い世代と、大人になってから初めてパソコンに触った中高年世代。育った環境の違いによって、世代間ギャップが生じている!?
今回のねらい
企画のポイント

■「できて当たり前」の時代!? 〜高橋英樹のパソコン初挑戦!〜
 職場ではもちろんのこと、子どもたちからシニア世代に至るまで、今やパソコンは生活の一部、という人が増えてきています。でも中には、「何に使えばいいのかわからない」と感じている人、「必要ない」と言い切る中高年世代の人がまだまだ多いのも事実。
実は!高橋英樹も、そのひとり。
 今回は、中高年世代のパソコン初心者を代表して、高橋英樹が「人生初」のパソコンに挑戦。果たして高橋は、どんなところにパソコン操作の難しさを感じるのか!?

企画のポイント

いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ
いまだかつてないトライ

パソコン歴の長い若者が、初心者の中高年にパソコンを教える、という今回のいまだかつてないトライ。自分でパソコンができる、というのと、初心者にパソコンを教える、というのとはまた別の問題。教える側も教わる側も初心者、という状況で、果たしてどんな問題が浮かび上がるのか!?

高橋道場
高橋情報
高橋情報
高橋情報
 最初はクワバタオハラの説得に耳を貸そうともせず、頑なにパソコンを拒否していた高橋。なかなか思い通りに操作ができず、イライラが募ります。
 慣れている人にとっては何でもないことが、初めてパソコンに触る人間にとっては大問題!
 一般に初心者がつまづきやすいポイントで、果たして高橋は、どんな反応を見せるのか!? クワバタオハラの「教え方」にも注目です。

STEP1 電源を入れる…電源の場所がわからない!?
STEP2 マウスの使い方…矢印(カーソル)がうまく動かせない!?
STEP3 キーボードの使い方…思い通りに文字が入力できない!?
ゲストコメンテーター
鈴木 三樹子(すずき みきこ)
富士通オープンカレッジ パソコンインストラクター
(罫線)
もどる