出没!アド街ック天国 | ~茨城 取手~ | 2015年11月21日(土)放送 

2015年11月21日放送

出没!アド街ック天国 | ~茨城 取手~ | 2015年11月21日(土)放送 
今回のアド街は、「茨城 取手」に出没します!ここは東京に一番近い茨城。常磐線屈指の都会派です。その一方で宿場町だったころの面影も。江戸時代創業の老舗をめぐれば美味しい名物に出会えます。水戸、土浦と並ぶ「茨城ビッグ3」の街、取手。意外と知られていないその魅力を明らかにします。 創業250年!老舗の豪華そば弁当&明治元年創業の老舗ようかん&創業70年歌舞伎あられ&明治時代からの名物!奈良漬け▽話題のとり手羽▽甲子園伝説▽寺社めぐり
出演者
井ノ原快彦、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)、峰竜太、薬丸裕英、山田五郎、清水宏保、磯山さやか、村上健志(フルーツポンチ)

取手のシンボル。利根川の名物が大正3年に作られた「小堀(おおほり)の渡し」。明治時代、利根川の氾濫対策で川の流れを直線的に開削。結果、小堀地区が分断されたため、小堀の…

利根川を運航する取手市営の渡船。片道100円。市街から小堀地区までをおよそ10分で結ぶ。

天正2年創建。観音堂、山門は県の指定文化財。

臨済宗妙心寺派の寺院。見所は県の指定文化財になっている三世堂。全国でも珍しい「さざえ堂」といわれる建築様式で毎年4月に一般公開している。

長禅寺の門前にある大師通り。そこで110年以上続く大師せんべいのお店。手作りの味を頑に守り続け、精米から天日干し、手焼きに至るまで全て手作業で行っている。独自にブレン…

江戸後期創業の寿司店。元々、参拝客に太巻きやいなり寿司を提供するお店だった。創業時からの名物がかんぴょう巻き。醤油とザラメだけで煮あげる江戸時代からの味を堪能できる。

宿場町の面影を伝える本陣は、寛政7年に建てられた取手の名主・染野家の住居。大名の宿泊場所は建物の造り、意匠からして違っている。格式の高い天袋や井楼棚。欄間にはひょうた…

奈良漬の老舗。酒造りと水運業を生業としていた初代が明治元年に創業した。大きな木樽で熟成させるのは、県内の酒蔵から集めた吟醸粕。瓜などの野菜は利根川流域のものを使ってい…

明治43年創業の奈良漬屋さん。7段仕込みという独自の製法で奈良漬に加え、代々伝わる"鉄砲漬"も人気。種を取り除いた瓜の中に、唐辛子と青じそを詰めたもの。千葉県成田発祥…

かつては相馬二万石といわれた米所。そんな取手にある、360年続く造り酒屋。その歴史を、今は夫婦ふたりで守り続ける。酒は取手の米と地下水で仕込んでいる。

13代続くお蕎麦屋さん。取手の名刹、長禅寺に奉仕した功績が認められ、当時の住職の命によりお蕎麦屋さんを開いたといわれる。蕎麦は常陸産の蕎麦粉を使った二八。人気は、お大…

小中高一貫教育校。1980年、開校3年目で野球部が甲子園に出場した。

公立高校。1984年の夏の甲子園では、桑田・清原のKKコンビを擁するPL学園を倒し、優勝をもぎ取った。当時、監督だった木内幸男さんは、「木内マジック」と呼ばれる巧みな…

主力工場のひとつが取手にある。日清といえば即席麺。主力商品のほとんどをこちらで手掛け、1日に340万食も生産している。中でも、カップヌードルは1971年の発売当初から…

取手で最も古い和菓子店。創業は明治元年。大八車で水ようかんの引き売りをしていたのがはじまり。丁寧に炊き上げることで奇麗な薄紫色になった北海道産のえりも小豆に信州産の寒…

1991年に開設。音楽やコンピューターで芸術を表す先端芸術表現学科をはじめ、彫刻科や絵画科など、約500人が学んでいる。毎年12月には学生の作品を、無料で見学できる展…

納豆メーカー。こだわりは、7.3ミリ以上の中粒から大粒の大豆を使うこと。毎日30万食を製造している。自信作が「雪誉」。7.9ミリ以上の大粒な豆は、ほっくりとして旨味濃…

日本おけるハーブ栽培のパイオニア。オーナーは50年前、単身ヨーロッパへ。ハーブ作りに適したヨーロッパの土壌を再現すべく研究所まで作った。ここで毎日、畑の土や穫れた野菜…

全国の植木職人が絶賛する円匙(えんぴ)の専門店。円匙とはプロ用のスコップ。円匙といえば矢羽根、といわれるほど高い評価を得ている。最強の刃先は、熱した後、油で焼き入れ。…

三代続く、あられとおかきの専門店。茨城産のもち米「満月餅」など数種をブレンド。杵つきから、のしまで、昔ながらの製法にこだわっている。生地は天日干し。これからのシーズン…

千住宿を基点に水戸に至る街道。水戸徳川家と江戸を繋ぐ幹線道路として五街道に次ぐ重要な存在だった。市街地から少し離れた所にある道標には、水戸から18里、江戸から10里と…

江戸時代、「鳥」に「手」と表記された取手。それをヒントに、5年前誕生したB級グルメ。鳥の手羽先の中に具を詰めたもの。お店それぞれが、自由に具材を選んでいる。何が入って…

インド料理店。こちらの鳥手羽かくれんぼは、揚げた鳥手羽の中にカレー風味のマトンとほうれん草が詰まっている。

スペインバル。ニンニクの効いたパプリカのスープで煮込んだ鳥手羽かくれんぼが味わえる。鳥手羽の中身はひよこ豆やインゲン豆。

帝国ホテル出身のシェフが営むビストロ。酸味の効いたマスタードソースのフレンチ鳥手羽かくれんぼを提供。隠れているのは、干しぶどうとカボチャ。

ダイニングバー。2本セットの鳥手羽かくれんぼを提供している。ひとつには土浦名産のレンコン、もうひとつには水戸の納豆が隠れている。

関東鉄道 常総線の戸頭駅にある、甘納豆の専門店。東京・目白で創業し、昭和54年にこの地に移転してきた。取手の手土産、お茶請けの定番。奥の厨房で主人がひとり、黙々と逸品…

市民なら誰でも知っている、人気のファミリーレストラン。看板メニューは茨城産の豚を使った厚切りロースカツ。ふんわりとしてジューシーな肉をサクサクの衣が包んでいる。もうひ…

3つのインテリアショップはじめ、花屋やカフェなども展開する家具店。 住所: 茨城取手市藤代973 TEL: 0297-82-2592 【secret GAT…

BOOMSの2号店。コンセプトは「アヴァンギャルド デコレーション」。個性的なインテリア用品を世界中から集めている。

高級スーパーマーケットが、取手の奈良漬の老舗「新六」とコラボしたオンリーワンショップ。成城石井があるのは県内唯一取手だけ。

番組情報

https://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/

出没!アド街ック天国

詳しい番組概要はこちら