アメ横へ年末の買い出しに行くなら必見! プロが教える5つの鉄則

2016年12月15日

アメ横へ年末の買い出しに行くなら必見! プロが教える5つの鉄則
格安の食品や革製品、アジアの屋台風の飲食店などが並ぶ、上野のアメ横商店街。外国人観光客も集う観光スポットとしても人気ですが、最も人が集まる時期といえばやはり年末です。
アメ横へ年末の買い出しに行くなら必見! プロが教える5つの鉄則
△写真提供:上野・浅草ガイドネット 例年、12月に入ると、カニ、エビ、マグロなどの海産物のほか、かまぼこや数の子といったお正月用品の売り出しが始まります。そのピークを迎えるのが12月28日~31日で、1日におよそ30~50万人ものお客さんでごった返すそうです。一度は行ってみたいと思いながらも、テレビで放映される混雑ぶりに腰が引けてしまうという人も少なくないのでは? そこで、アメ横商店街連合会や加盟商店のみなさんに、年末の上手なアメ横の歩き方の鉄則を教えていただきました!

鉄則1:混雑を避けるなら朝イチがおすすめ。少なくとも午前中には到着すべし

アメ横へ年末の買い出しに行くなら必見! プロが教える5つの鉄則
アメ横の中心であるセンター街に位置し、函館出身の社長さんが営む「石山商店」。親子で通う常連さんも多いアットホームな雰囲気で、地域に長く愛されている同店は、年末年始になると大勢のお客さんが集まるお店のひとつです。 そんな石山商店では、常連さんが年末の混雑を回避できるように「午前中に買い物に来てね」と伝えているのだそう。
アメ横へ年末の買い出しに行くなら必見! プロが教える5つの鉄則
朝6時には多くの店が販売を始めるため、朝イチに来れば混雑知らずでスムーズにお買い物ができるのだとか。正午を回ると徐々に混み始め、混雑がピークになる14~16時頃には商品をじっくり見ることすらままならなくなります。 じっくり品定めして、お正月用品一式をしっかり買い揃えたいという人は、午前中、できれば朝6時頃の早朝に行くのがベストですね!

鉄則2:掘り出し物を狙うなら18~19時頃もおすすめ!

アメ横へ年末の買い出しに行くなら必見! プロが教える5つの鉄則
もうひとつ注目したい時間帯は、混雑が落ち着く18時以降。夕方を過ぎると商品が売り切れてしまうこともあるのですが、その分期待できるのが閉店間際のおまけサービスです。 この時期のアメ横では、仕入れを毎日行う店が多いので、閉店までに売り切りたいという思いもあって、閉店間際になると値引き交渉やおまけ商品のサービスをするのだとか。特にお目当てがあるわけではなく、とにかくお得な掘り出し物を見つけたいという人は、ぜひ18時以降に足を運んでみてください。

鉄則3:年末だけの特別商品や特別出店にも注目!

アメ横へ年末の買い出しに行くなら必見! プロが教える5つの鉄則
普段はバッグや靴などを販売しているお店が、年末は食品を販売するお店に変身するのもアメ横の特色です。乾物などを売るお店が集まる徳大寺裏のエリアも、年末にはお正月用品一色に染まるのだとか。
アメ横へ年末の買い出しに行くなら必見! プロが教える5つの鉄則
△写真提供:ロングス そんなお店の代表格といえるのが、アメ横の中程に位置する老舗の靴店「ロングス」。普段は靴店ですが、この時期を迎えるとお正月用の食品を販売するお店に大変身。例年大人気のかまぼこセットは、紅白のかまぼこ、伊達巻き、なるとが詰め合わせになって1,000円と、とってもお値打ちです! こうしたお得なセットもチェックしておきましょう。

鉄則4:1店で「まとめ買い」をするのがおトク

値引き交渉ができることで知られるアメ横ですが、最近は、まとめ買いでの値引きや、おまけ商品をつけるという方法が主流になってきているそう。 例えば1杯4,500円のカニが2杯で7,000円に、3杯で1万円になるなど、一度にたくさん買うほど安くなったり、5,000円のマグロを買ったら1,000円のエビをおまけにもらえたりということも。つまり、いくつものお店でバラバラに商品を買うよりも、1店舗でまとめ買いをしたほうが、おトクに買い物できる可能性が高くなるというわけです。
アメ横へ年末の買い出しに行くなら必見! プロが教える5つの鉄則
年末のアメ横には、まとめ買いができるお店もたくさん見受けられます。三幸商店もそのひとつ。
アメ横へ年末の買い出しに行くなら必見! プロが教える5つの鉄則
お正月には刺身、カニ、数の子などの海産物はもちろん、お正月の食卓に必要なものが一式揃います。マグロやカニを買うついでに、かまぼこや栗きんとんも1店でまとめて買えるため、まとめ買いのメリットが大きく、買い物の手間も省けます。

鉄則5:お財布には五千円札や千円札をしのばせて

アメ横へ年末の買い出しに行くなら必見! プロが教える5つの鉄則
家を出る前には、お財布の中もチェックしておきましょう。年末のアメ横では、数百円や数十円の端数が出ない1,000円刻みの価格設定になることが多いので、五千円札や千円札を用意しておくと、買い物がとてもスムーズに。お店の方の手間を考慮することも、年末のアメ横で買い物を楽しむためのポイントです。 いかがでしたか? 大混雑するアメ横商店街では、盗難に遭わないようリュックなどのかばんを前に抱えるのも忘れずに。ヒール靴ではなくスニーカーなど動きやすい靴で行くのも、楽しく買い物するためのコツです。年末のアメ横のにぎわいを楽しみながら、素敵な新年を迎えたいですね! ※本文中の価格はすべて税込です