【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」

2016年6月19日

【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
少しかしこまった仕事の打ち合わせをしたいとき、日常空間から離れてゆっくり休息したいときなど、それぞれの用途やシーンによって使い分けたり、ふらっと立ち寄ってみたくなる喫茶店があります。 東京・高円寺の商店街にある、そこだけ昭和のまま時間が止まっているかのような、ノスタルジックな雰囲気が漂う喫茶店を紹介します。
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
今年で創業38年目を迎えた「七つ森」。高円寺の「ルック商店街」を東京メトロ新高円寺駅方面からJR高円寺駅方面に歩いていくと、童話に出てきそうなレトロな看板と建物が現れます。まるでそこだけぽっかり時代に取り残されたよう。

ようこそ。妖しい灯りに照らされたノスタルジーの世界へ……

【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
アンティークのテーブルやえんじ色のベロアのイスが品よく並び、天井にはヨーロッパ調のシャンデリアやステンドグラスのランプが吊るされ、店内をやさしく妖しく照らしています。
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
よく見ると、カウンターやテーブル席のイスは、どれも種類がバラバラ。中には、ランプシェードが欠けているものもありますが、“あえて”そうしているのかと思うほど、店の雰囲気に溶け込んでいい味を出しています。
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
「お店を始めるときに、子どもの頃にあった喫茶店みたいな雰囲気にしたくてあれこれ集めていたら、こうなっちゃいました。映画『3丁目の夕日』みたいなイメージですね。今でこそ昭和レトロっぽいカフェはいっぱいあるけど、創業当時はウチみたいな雰囲気の喫茶店はあまりなくて珍しがられたんですよ」と、店主。
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」

名物“和風オムライス”! お酒も楽しめて、しっかり食事メニューも!

「七つ森」は料理がおいしい喫茶店としても有名。メニューも洋食屋さん並みに充実しています。 「ありきたりなものをやっても、ほかの喫茶店に埋もれてしまうと思ったんです。そこで生まれたのがオムごはん。オムライスはよそでもやってるから、ウチは和風にしようってことで、メニューを開発しました」(店主)
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
こちらが名物のオムごはん(1,085円・税込)。牛肉のしぐれ煮と白米を混ぜ合わせたごはんと、卵を2個使用したふわふわのオムレツが好相性で、どことなくすき焼きに似た味わいが楽しめます。
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
△おすすめは「山椒」をふりかけて。まろやかな味わいにパンチが加わり、一層おいしくなります 「創業からずっと、カレーはルーから手作り。最近はインターネットの影響で、ウチをカレー屋と間違えてくるお客さんもいるほど(苦笑)。お客さんの印象に残るようにとプリンもちょっと大きくしたりね。料理やデザートはすべて、“手作りで品質のよいものを使う”がオープン当時からのこだわりです」(店主)
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
野菜カレー、キーマカレー、ココナツカレーの3種類あるなかで、20年来変わらぬレシピで人気を誇るのが野菜カレー(スープ、サラダ付き/1,085円・税込)。数種類の大きめ野菜に、大根が入っているのが特徴です。 玉ねぎを4kg使用して3~4時間かけて仕上げるカレーは、スパイスと野菜の甘みが絶妙で病みつきになるおいしさ。野菜は「長野で作られた無農薬の地場野菜をできるだけ使っている」(店主)とのこと。食べるそばから健康になれそうな気分!
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
ちょっと大きめのカスタードプリン(625円・税込)。この金魚鉢のようなプリン専用の器は、今ではもう最後の1つになってしまったのだそう。この器でプリンが出てきたらラッキーですね。
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
コーヒーは注文が入ってから豆を挽いて、1杯ずつハンドドリップで丁寧に淹れます。写真のジャーマンロースト(485円・税込)は、やや深煎りで、毎日飲んでも飽きのこない味わい。

ふと、聞きたくなる、不思議な店名の由来とは?

【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
「七つ森」という店名は、「宮沢賢治の詩集で見つけてピンときた」と店主。 「数字が入っていると覚えやすい。ひらがなが入っていると優しい響きがする。そして、森は癒しのイメージ。僕の理想にぴったりだったんです。子どもに名前を付けるのと同じ気持ちで命名しました」(店主)
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
宮沢賢治ファンと思しきお客さんが書いていったという俳句も発見。日常を忘れてしまう独特の不思議な雰囲気は、宮沢賢治の作品にどこか似ているかも。
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
△食事をしたお客さんには、お会計前にクッキーのサービスも

思わずほっこり♪ また訪れたくなる心温まるサービス

【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」
“ご縁がありますように”と、お釣りに赤いリボンがついた5円玉がもらえるのも、七つ森のユニークなサービス。なるべく5円玉のお釣りがくるように価格を設定しているそう。 客層は近所のおじさん同士や、食事をしにくるサラリーマン、ひとりで読書しにくる若い男女など様々。時間を忘れてしまうノスタルジックな空間と絶品料理を味わいに、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。 ■喫茶店データベース
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」

【コーヒーデータ】

価格
ジャーマンロースト485円(税込)
淹れ方
ペーパードリップ
おかわりの有無
なし
その他
コーヒーの種類は、ブレンド5種類(ソフトロースト、ジャーマンロースト、フレンチロースト、イタリアンロースト、炭焼き)、ストレート4種類(シグリ、マンデリン、キリマンジャロ、日替わりコーヒー)、アレンジ珈琲5種類(アイスコーヒー、ミルクコーヒー、ウィンナーコーヒー、アイリッシュコーヒー)
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」

【メニューデータ】

モーニング
なし
セットメニュー・ランチ
日替わりのごはんもの985円(税込)、日替わりのスパゲティ895円(税込)にはスープ、サラダ、コーヒーor紅茶付き(平日11時~14時30分、土日祝11時30分~14時)ランチケーキ200円(税込)
ディナー
ディナーセット1,985円(税込)※メニュー内のお好みの食事、スープ、サラダ、シャーベット、デザート、コーヒーor紅茶付き(17時~23時30分)
軽食の種類
オムごはん、ハンバーグ、カレー、バタートーストなど。鶏もも肉とゆで卵が丸ごと1個入ったココナツカレーも人気
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」

【店舗案内】

座席数
30席
長時間の利用
平日の落ち着いている時間帯ならゆっくりしていくことは可能
PCの電源利用
不可
購買雑誌
散歩の達人、ビッグコミックオリジナル
購買新聞
朝日新聞、日刊スポーツ
備考
季節の限定ドリンクや限定デザートなども登場する。平日、食事と飲み物をセットで注文すると、合計金額から200円割り引いてくれる。日替スパゲッティは平日夜限定のメニュー
BGM
主にジャズ
【喫茶店を訪ねて】名物メニューは和テイストのオムごはん! 東京・高円寺の「七つ森」

【店舗データ】

店名
七つ森
住所
東京都杉並区高円寺南2-20-20
最寄り駅
東京メトロ「新高円寺」駅より徒歩3分
電話番号
03-3318-1393
営業時間
10時30分~24時00分
定休日
無休