【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~

2016年11月11日

【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~
毎週金曜深夜0時52分から放送中のドラマ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』。 今回重田不動産を訪れたのは、バイトをしながら小説家を目指している三木治(29)。生活を変えたら何か変わるかもしれないと家探しを考えている治は、最近、小説『火花』を読んだことをきっかけに、作中に登場した吉祥寺に住みたいと思ったのだとか。治に、都子と富子がすすめたのは新宿区・神楽坂の物件でした。 神楽坂は新宿まで10分ほどというアクセスのいい場所。神楽坂の周辺には出版社が多く、文豪・夏目漱石の生誕の地にも近い夏目坂もあり、泉鏡花もよく遊びに来たと言われる文学の街としても知られています。また、昔は花街だったため、お酒が飲めるお店や飲食店が数多く立ち並んでいます。だから食事に困る一人暮らしの方にもピッタリかもしれません!

昔ながらの民家を改装した、趣のある居酒屋「カド」

【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~
「カド」は昔ながらの民家で和食を味わえるお店です。お昼は定食やオムライス、丼もののほか、コース料理も用意。
【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~
夜は季節の献立やコース料理のほか、日本酒や焼酎などが楽しめます。土間スペースでは立ち呑みもできるので、ふらっと立ち寄るのもおすすめです。 ■カド 住所:東京都新宿区赤城元町1-32 電話番号:03-3268-2410 営業時間:昼=11時30分~16時00分(L.O.14時00分)、夜=17時00分~23時00分(入店21時30分まで、L.O.22時00分(お料理)、22時30分(お飲み物)) 定休日:なし(夏期、年末年始を除く)

手作りの大きな肉まん、あんまんが人気! 「五十番 神楽坂本店」

【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~
富子が「神楽坂に来たらまずはここ」と紹介したのが、五十番 神楽坂本店。昭和32年の創業以来、国産の素材にこだわった大きな肉まんやあんまんが人気を集めています。現在の店舗は今年3月にリニューアルオープン。
【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~
店内には肉まんやあんまんのほか、点心など約20種が並びます。今回3人が食べたのは手作りあんまん(370円・税込)。甘いあんこがたっぷり詰まったあんまんは、1個230グラムもあるのだとか。 ■五十番 神楽坂本店 住所:東京都新宿区神楽坂4-3-2 近江屋ビル1F 電話番号: 03-3260-0066

情緒を感じる石畳の路地

【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~
かつて花街として栄えた神楽坂には、石畳の路地が数多く残っているのも魅力のひとつ。京都のような情緒や風情を感じることができます。狭い路地を歩いていると、芸者さんとすれ違うこともあるかも。

出版社の倉庫から生まれ変わった、衣食住+知の複合施設「la kagu」

神楽坂には風情を感じるスポットだけでなく、新しいお店も登場しています。「la kagu(ラカグ)」はファッション、生活雑貨、家具のほかカフェも備える複合施設です。昭和40年代に建てられた出版社・新潮社の倉庫だった建物を改築したのだとか。REVALUEをコンセプトに、昔からあるものやこれからも大切にしたいものに価値を見出し、ファッションや雑貨などを独自の目線で提案しています。 ■la kagu 住所:東京都新宿区矢来町67番地 電話番号:ショップ=03-5227-6977、カフェ=03-5579-2130 営業時間:11時00分~20時30分(カフェL.O.20時00分) 定休日:不定休

カフェやギャラリーも併設。本好き注目の書店「かもめブックス」

【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~
la kaguの正面にあり、2014年にオープンしたのが「かもめブックス」。店内にはおよそ1万冊の本が並び、曜日によっておすすめ本が違うなど、日常と読書をつなぐ工夫がなされています。カフェやギャラリーも併設しており、本好きの間で注目を集めている書店として知られています。
【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~
ずっと神楽坂に住んでいるという店長の柳下恭平さんは、神楽坂という街について「山手に見えて下町っぽいところがあって、歩いていると声をかけられたり、物をもらえたりする。みんなやさしい」と語ります。 ■かもめブックス 住所:東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル1F 電話番号:03-5228-5490 営業時間:月~土曜日=10時00分~22時00分、日曜日・祝日=11時00分~20時00分 定休日:不定休

神楽坂の路地裏にある、昭和レトロな銭湯「熱海湯」

【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~
神楽坂の路地裏に佇む「熱海湯」は、1954年創業の銭湯。昔ながらの宮造り銭湯で、薪で沸かした熱いお湯とぬるいお湯を楽しむことができます。
【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~
昭和レトロを感じることができる昔ながらの銭湯として、地域の方々に親しまれています。 ■熱海湯 住所:東京都新宿区神楽坂3-6 電話番号:03-3260-1053 営業時間:15時00分~24時30分 定休日:土曜日

グッドデザイン賞も受賞した「赤城神社」

【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】神楽坂編~新宿から10分。文学とグルメの街~
3人が最後に立ち寄ったのが赤城神社です。700年の歴史を持つ神社で、殖産興業、厄難消除、学問芸術の神であり、特に火防の神として高い御神徳を発揚する「磐筒雄命(いわつつおのみこと)」と「赤城姫命(あかぎひめのみこと)」が祀られています。神楽坂在住の建築家・隈研吾氏が監修し、2010年に建て替えが完了。グッドデザイン賞も受賞しています。 ■赤城神社 住所:東京都新宿区赤城元町1-10 電話番号:03-3260-5071 文学の香りと花街の風情を残しつつ、昔ながらのお店と新しいスポットが融合する神楽坂。 東京って思っているよりずっと広いんです。いろんな街があって、自分にぴったりくる街が必ずある! ……吉祥寺だけが住みたい街ですか? 関連記事: 【吉祥寺だけが住みたい街ですか?】 雑司が谷編~池袋から一駅。なのに昔ながらの風情ある街~ 五反田編~知る人ぞ知る隠れたグルメタウン~ 秋葉原編~複数路線利用可でアクセスGood! 電気とオタク文化だけじゃない、新スポットが集まる場所~ 中野編~新宿から一駅。オタク文化と飲み屋街が融合する、地元感あふれる街~ 恵比寿編~2016年住みたい街ナンバー1! 女子が喜ぶおしゃれな出会いの街~ 十条&蔵前編~大衆感漂うのんびりタウンと東京のブルックリン~ 経堂&錦糸町編~学生が集う庶民的スポットと異文化が融合する東京屈指の繁華街~ 大森編~都心に近いのにレトロさと自然を感じる場所~ [PR] ドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」 毎週金曜深夜0時52分 放送中! 番組公式twitter → https://twitter.com/tx_kichijoji ©「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」製作委員会