イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」

2017年2月5日

イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
口の中ではじけるプチプチの食感と、海の香りをダイレクトに感じられるのが魅力の「魚卵」。「とにかく魚卵が大好き!」という人も少なくないでしょう。ところが、魚卵というとメイン料理のつけ合わせやトッピングであることが多く、「もっと心ゆくまで魚卵が食べられたら……」と切望する声も。そんな人にとっても嬉しいお店があると聞いて、実際に行ってきました!
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
東京・飯田橋にあるシーフードビストロ「魚卵HOUSE Eni(エニ)」は、イクラやとびっこ、明太子などの魚卵をメインとしたメニューが盛りだくさん。 ここでは魚卵が料理の主役! トッピングだけにとどまらない新たな魚卵の食べ方を提案しているので、魚卵の魅力を再発見できるともっぱらの評判です。一体どんな魚卵料理が堪能できるのでしょうか?
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
1階はカントリー調でアットホームな雰囲気。
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
開放的だから、初めて来店する人も入りやすそうです。
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
2階に上がると、タイルで造られた圧巻のモザイクアートがお出迎え。
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
1階とは雰囲気がガラッと変わり、どこか北欧テイストな内装です。

同店看板メニュー「魚卵屋さんの本気のミルフィーユ」を実食!

イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
まずは同店の看板メニューである「魚卵屋さんの本気のミルフィーユ」(1,500円・税別)をオーダー。下の層から順に、とびっこ、アボカド、わさび味のとびっこ、かずのこ、とびっこ、アボカド、サーモン、イクラで構成されています。 これらはただ重ねているのではなく、1つ1つ違う味付けをしているのだそう。サーモンは塩やオリーブオイルでマリネ風に、アボカドはレモン汁で和えてサッパリと。イクラは酒と醤油の王道で素材の味を生かし、かずのこは出汁と醤油の和風テイストで仕上げ。とびっこはそのままの味わいで全体のバランスを整えています。
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
「Eni」の文字は、なんとキャビア! 塩気があるからお酒も進みます。そのままチビチビと食べてもいいし、ミルフィーユに混ぜて一緒にいただくのもいいですね。
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
では、早速いただきま~す! 握りこぶしくらいのサイズ感ですが、魚卵をぎゅっと詰めて盛り付けているので、思いの外ボリューミー! 口の中では終始プチプチと軽快な音が鳴りやみません。見た目や味だけでなく、音でも楽しめちゃうメニューなんです。サーモンとアボカドのまったりとした食感も相まって、口の中がずっと賑やか。 肝心のお味は、濃厚さとまろやかさもありながら、爽やかなレモンの酸味がさりげなく効いていて、サッパリといただけます。魚卵がこれでもかというくらい凝縮されているので、一度にたくさんの魚卵を味わいたい人にはぜひ食べてほしい一品!

魚卵で麺が見えない豪快パスタ! 「ホタルイカとエビのパスタ」

イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
お次は「ホタルイカとエビのパスタ」(1,450円・税別)をいただきます! このどこに魚卵が……? と一瞬戸惑いますが、実はこの後、店員さんのちょっとした魚卵ショーが始まります!
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
店員さんが持ってきたのは、イクラととびっこの山! これを大胆にもパスタの上に山盛りかけてくれるのです。
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
まずはイクラから。パスタの彩り要員として少量乗せる程度かと思ったら大間違い、店員さんの手が止まりません。
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
お次はとびっこ。パスタがどんどん魚卵で埋め尽くされていきます。なんて気前のいいお店なんでしょう……!
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
この真っ赤に染まった魚卵パスタをご覧あれ! これでこの価格って、実はかなりリーズナブル。
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
そのうえプリプリのエビまで堪能できるのだから、こんな贅沢なパスタはありません。ホタルイカは乾燥したものを刻んで混ぜており、アンチョビのようなコクを醸し出しています。さらに、麺はモチモチの生パスタを使用。これもいろんな食感を楽しめる一品です。 味付けは意外と和風テイストであっさりしているから、魚卵の味をしっかり味わえます。これは満足度が高い!

オムレツの概念が変わる「ふわっトロッ明太スフレオムレツ」

イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
最後は居酒屋の定番メニューであるオムレツですが、同店の「ふわっトロッ明太スフレオムレツ」(700円・税別)は、オムレツの概念が変わるインパクト絶大なビジュアル。石釜にこんもり入って出てくるとは……!
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
直径20cmはありそうなジャンボサイズで、3~4人くらいでシェアできそうです。それなのに卵は3つしか使用していないのだそう。このふわふわの秘密は、卵白をメレンゲ状にすることなんですって。 そして、こんがり焼けた表面からは明太子がこんにちは!
イクラ、とびっこ、明太子祭り! 魚卵ファンも唸る「魚卵HOUSE Eni」
中を割ってみると、フワッフワでとろっとろの仕上がり! なんとモッツァレラチーズも入っています! これは割ったときの感動がひとしおですね。 表面の焼き目の香ばしさと、中のやさしい味わいが絶妙にマッチしていてお味もバツグン! 生の明太子がたっぷり入っているから、最後まで魚卵感を堪能できます。 同店マネージャーの新倉さんは、魚卵料理について次のように話してくれました。 「魚卵は火を入れたり混ぜたりすると、形や味が変わってしまう繊細な素材。でも、新しい魚卵の可能性を見つけたくて、調理を工夫し、メニューを開発しています。インパクトがある魚卵料理をカジュアルに楽しめる価格帯なので、ぜひ新しい魚卵の食べ方を楽しんでください」 魚卵ファンの舌をも唸らせる「魚卵HOUSE Eni」。魚卵のポテンシャルの高さを見せつけてくれる最高のお店でした。お得なランチもたくさんあるので、一度訪れてみる価値ありですよ! <店舗情報> 魚卵HOUSE Eni 住所:東京都千代田区飯田橋2-9-5 電話番号:03-3263-0755 営業時間:月―金 ランチ 11時30分~15時00分(L.O. 14時30分)/ディナー 17時30分~24時00分(L.O. 23時00分)、土日祝 11時30分~24時00分(L.O. 23時00分) 定休日:不定休 関連記事: 痛風で魚卵NGだった人に朗報! 実は「イクラ」のプリン体含有量は極めて少ない 含有量の多い食品はどれ? 「プリン体」について調べてみた 夢の共演! 一度は食べたい、こぼれウニ×山盛りイクラの贅沢丼 北海道・釧路で海鮮三昧! 赤い宝石「いくら丼」と、鮭・ホタテ・カキの炉端焼き 札幌へ1泊2日! 北海道の食を大満喫する旅! 見よ! これがマグロの底力! 東京・中野「マグロマート」でマグロを食らう! 回転寿司の山盛りを超えた爆盛り軍艦! SNS騒然のビジュアルとは