布原駅(新見)

布原駅(新見)

昭和11年に列車が行き交う信号所として開設され昭和62年 駅に格上げされた。現在、多くの列車がこの路線を通っているが、 芸備線以外、布原駅を通過していきます。 ほとんど、人の乗り降りはない。駅からおよそ200メートル離れた 場所にある、小さな橋から電車の走りを一望できる。 昭和44年の当時はSLが走り、駅には職員が勤務していた。 当時、ここ布原は三重連のSLが走り、勇壮な姿を見せる事で知られる。 その姿をカメラに収めようと全国から鉄道ファンが集まった。

  • 布原駅(新見)

※掲載している情報は放送時点のものです。

スポット情報

都道府県
岡山県
地域
高梁・新見・湯原・蒜山

このスポットが紹介された放送

番組情報

https://www.tv-tokyo.co.jp/sat/

土曜スペシャル

詳しい番組概要はこちら