400回記念 全国似顔絵職人選手権
放送日:4月27日
第1ラウンド 
 「有名人お顔拝見バスツアー」
 六人の有名人を巡ってモデルになってもらい、それぞれの似顔絵を描いていく。モデル本人が審査、最も気に入った作品を描いた選手には2ポイント、2位 の選手には1ポイントが与えられる。六名を描き、最も獲得ポイントが低い1名がリタイヤとなる。
 選手達は、お笑いの巨匠間寛平さんを訪れる。似顔絵へのイマジネーションを膨らませる為、ある選手はお馴染みのギャグを要求。大爆笑に包まれる中、出来上がった作品は爆笑必至の絶品ぞろい。ある選手はこうもりに見立て似顔絵を書き上げ、別 の選手は幼少期に見た、20年前の寛平さんを描き上げた。これらの作品を見た間平さんの反応は?
 次に訪れたのは誰もが恐れる政界のご意見番、俵孝太郎さん。コワモテの俵さんを前に選手たちも緊張する中、描き上げた作品は俵さんを過激にデフォルメした毒のあるものばかり。ある選手は墓場に植えられた樹齢数百年の大木に、別 の選手は大汗をかくアイスクリームに見立てた。果たして俵さんをうならすのはどの似顔絵か?
 
 


第2ラウンド
 「おもちゃ立体似顔絵バトル」
 子供部屋から各選手一つずつ動くおもちゃをお借りして、その形と動きを利用しておもちゃに直接有名人の似顔絵を描いてもらう。審査員は似顔絵に造詣の深いプロ3名で、各自10点満点で四選手を採点。最も獲得ポイントの低い1名がリタイヤ。
ある選手はしっぽを動かしながら歩くブタのぬいぐるみを選択。バリカンを取り出し、ぬ いぐるみのオレンジの毛を刈り始めた。一体ぬいぐるみのどこに誰の顔を描くのか?


決勝ラウンド
 「お題で勝負!有名人乱れ描きバトル 」

 次々と出されるお題で有名人の似顔絵を描いてもらう。審査員は似顔絵好きの51名。審査員はお題ごとに気に入った作品に一票を投じ、最も支持を集めた者が1ポイントを獲得。7ポイントを先取した者がチャンピオンとなる。
 出されたお題は「寿司」ある選手は寿司ネタと芸能ネタをかけて芸能レポーターの梨本勝さんを描いた。似顔絵に抜群のユーモアセンスを盛り込んだ作品に、一般 審査員も感嘆の声を上げる。お題が「ストレス」の際にはある選手は広末涼子さんを描く。広末とストレス、一体どんな関係があるのか。
 抜きつ抜かれつのデッドヒートを制し、見事チャンピオンに輝くのは果たして誰か?




チャンピオン
写真
タナカ サダユキ
 

↑Top