夏休みおでかけマップ!東京地下鉄レジャー王選手権
放送日:7月22日
スタジオゲスト:小向美奈子
(5名→3名)
地下鉄ランキングバトル
地下鉄にまつわる、ありとあらゆるランキング問題に、早押しで答える。1日の平均乗降人員の多い駅や深い場所にある駅など、問題は「東京メトロ」「都営地下鉄」全12路線の中から、出題される。 2問を先取した3名が、第2ラウンドに進出。残る2名は敗者復活戦に挑む。
 
(2名→1名)
地下鉄駅名山手線勝負
お題に沿って、駅名を順に答えていく。1つの答えにつき、考える時間は10秒。ただし、選手は「地下鉄シミュレーター」を操縦しながら答えなければならない。
一度間違えたら、即リタイアのサドンデス方式。判定は、専門家1名がおこなう。
 勝者は第2ラウンドに進出。敗者はリタイアとなる。

 

(4名→3名)
「東京名所巡り・地下鉄ラリーバトル」 
地下鉄をフル活用し、指定されたジャンルの観光スポットを、制限時間内にできるだけ多くまわる。
各選手が1つの駅で行けるスポットは、1つまで。また、すでに他の選手が訪れたスポットや定休日のスポットは、ポイントにならない。
ジャンルは3つ。お題は、2時間毎に変わる。夏休みに親子で遊びに行きたくなるようなレジャースポットや夜景スポットなどが続々登場。選手は、見事な乗り換えテクニックも見せる。
まわったスポットの合計数が多い3名が決勝ラウンドに進出。負けた選手はリタイア。



チャンピオン
「東京地下鉄12路線パネルクイズ」
地下鉄に関するさまざまなカルトクイズに、早押しで答える。選手は、正解するごとに、6×6のマス上に自分の陣地を増やしていく。問題は、映像問題、手触り問題、音問題などさまざま。
角の3ヶ所が、各選手の色になっている状態からスタート。正解すると、指定していたパネルが自分の色に変わり、さらにそこを起点として、自分の色で挟んだ部分が全て自分の陣地となる。他の選手のパネルを挟めば、その陣地を奪うこともできる。
最も多くのパネルを獲得した選手がチャンピオンに!


チャンピオン

チャンピオン 寺田裕史
↑Top