収録後、スマイリーキクチさんにインタビュー
「いってみよう!」 ■芸人さんは飲みに行くというイメージが強いんですけど、週にどのくらい飲みに行きますか?

スマイリー:週に5日くらいですかね。

■身体はだいじょうぶですか?

スマイリー:そうですね〜…。でも、飲んでるときも勉強みたいな感じですから。芸人としてのテンションを維持して、常に素にならないようにするには、やっぱり芸人と飲んでないと。そしてそこからネタが生まれることもあるんですよね。先輩も後輩も、いつも一緒にいますね。1人の時のほうが少ないですよね。

■手相で、話す職業に向いていると言われていましたが、もともと興味はあったんですか?

スマイリー:これがですねー、全く無かったんです。芸人になったのは、学生時代にダンスのイベントがありまして、そこのダンスの合間に僕と友達で何かやってくれと頼まれて、それでやったらウケたのがキッカケですね。それでお笑いやらないかと言われて、友達と二人で始めたんです。最初は順調だったんですよね。でも、仕事が増えた瞬間に相方が「疲れた」って言ってやめちゃったんです。でもネタ作ってたのが僕だったんで続けましたが。今は僕の道を作ってくれた友人に感謝してますね。友人がいなかったらお笑いの道は選んでなかったです。興味はありましたが、見る側だったので

■今日の占い師の先生方の言葉で、印象に残ったのはありましたか?

スマイリー:自分の中の浮ついた気持ちというのを見抜かれたのが。本当にそうなんですよ。その時によって、あっちに行ったり、こっちに行ったり。「優柔不断」と言われた時に、ドキッとしましたね。今まで自由に生きてきたので。すごい当たってる。
あと、ジモンさんの良い部分を先生が言った時も「当たってる!」と思いましたね。「すげえ〜!」と思って。

■今後は何かを決めるときは占いを頼ろうと思いますか?

スマイリー:思いました。正直、今まで信じてなかったんですが、第三者がまったく知らない人間を見て、これだけ当たるということが分かったので。かなり信じちゃいました。また人生の転機になりましたら、このお三方に(自分の)ギャラまでいただける番組で、見ていただきたいと思います。ギャラまでいただけで自分の人生までしっかり見ていただけるなんて、至れり尽くせりです!

閉じる