怨み屋本舗:毎週金曜深夜0時12分放送:テレビ東京 怨み屋本舗
怨み屋本舗 怨み屋本舗
ストーリー
キャスト・相関図
これまでのお話
野田刑事BLOG
怨み屋掲示板
トップに戻る



キャスト・相関図
シュウ(竹財輝之助) 怨み屋(木下あゆ美) 十二月田猛臣
杉河里奈 密かに正体を探る 情報屋(寺島進)
怨み屋本舗 寄木刑事 野田巡査(マイク・ハン)婦人警官(立花彩野)
 氏名、年齢、経歴不明。すべてが謎の女。
 「あなたの怨み晴らします。人探し・社会的抹殺・実質的殺害(価格応相談)」“怨み屋本舗”は人々の依頼を金で引き受け、依頼人に代わってそれ相応の制裁を下す復讐代行業。その代表を務める女。他にどのようなスタッフがいるかは不明。『正義』という言葉を嫌悪し、自らを『必要悪』と割り切っている。
 頭脳を使ってターゲットに復讐を果たすことに美意識を持っており、自ら手を掛けることはほとんどないが、実際は空手、剣道、ムエタイなどあらゆる格闘技を習得している。
 変装の名手でその素顔を知るものはいない。都内高級ホテルのスイートルームに定宿し、なぜか蝶のコレクションを大切にしている。
 氏名、年齢、経歴不明。
 情報収集のプロ。秋葉原の雑居ビルの中に事務所兼住居がある。コンピューターやハイテク機器のエキスパート。様々な裏社会とのコネクションを持ち、その情報収集能力は総理大臣の預金残高も調べられるほど。金よりも時に仁義を大切にする。ペットのパグ(名前はリンダ)を溺愛し、安心で美味しいドックフードを求め、常に味見する。
 「怨み屋」の仕事を助けるビジネス・パートナーだが、心を許しあう仲間ではない。
 妄想癖のある熱血オタク。人気アニメ「電脳探偵K」の熱狂的ファンでフィギュア、ガレージキッドなどを自作し、その世界では有名人である。宇宙人の存在を信じ、宇宙人との交信を趣味とする。父親はマラソンの有名選手だったため運動神経は抜群、しかし父親へのコンプレックスから運動を毛嫌いしている。運命の糸で繋がっていると信じた女性には特技ラブラブ光線を注入する。
 女子高生。学校では友達に対し異常に気を使い、嫌われないように明るくふるまっているが、集団にはなかなかなじめず影の薄い存在。その裏には、家庭では義理の父親から性的虐待を受け続けたトラウマを抱えている。怨み屋と出会い義父への復讐を成し遂げるが、怨み屋への報酬が支払えず利用されるようになる。男性を嫌悪。男が近くに来ると急に痙攣を起こす男性恐怖症。趣味は一人でカラオケ。
 人妻中年女性専門のホスト。女性の心理小分析を趣味とし、服装や身のこなしから一瞬にして女性の願望を見抜いてしまう。口説けない女はいないと豪語する天性のホスト。しかし、なぜか若い女性からは「気持ち悪い」と言われ、指名が取れない。尊敬する人は「アメリカンジゴロ」のリチャード・ギア。常に鏡を持ち歩き、髪の乱れを気にしているナルシスト。
 公明正大をモットーとする叩き上げの刑事。出世には一切興味を示さず、例え身内の不祥事でも手加減はしない。そのため、警察上層部からは厄介者扱いを受けている。動物的勘でどこまでも犯人を追い続ける。極度の匂いフェチ。かすかな匂いも嗅ぎ分ける能力を持つ。「怨み屋」とすれ違い、「死体の匂い」を感じる。
最初は都市伝説のような『怨み屋』の存在を信じていなかったが、事件を追う中でその存在を確信するようになり、怨み屋の過去を探りだそうとする。
寄木警部の部下。
常に寄木警部と行動をともにする。性格は真面目で実直であり理性的な思考回路。
動物的な勘で動く寄木と対極にある。




怨み屋本舗
怨み屋本舗
テレビ東京 テレビ東京
シュウ 怨み屋 十二月田猛臣 情報屋 杉河里奈 寄木刑事