見聞ニッポン力 WBS 番組HPへ
取材後記はこちら

大浜平太郎(WBSキャスター)

大浜平太郎

日本から14時間。
飛行機から見下ろしたエジプトは一面が砂色。
ピラミッドやスフィンクスの色である。
雨が少ない。厳しい日差し。

豊かな緑とは縁遠いイメージだが、
エジプトは農業で輸出している。

しかも農薬類をほとんど使わないですむという。
強い日差しと朝夕の寒暖差があるため害虫被害が少なく。
野菜が強く成長するという。

古代エジプトからの農法も息づき、
玉ねぎはその甘さから欧州中で珍重されている。
さらに、農薬などにうるさいドイツもポテトを
エジプトから輸入している。
ドイツ国内よりも低コストだという。

食品の安全性がクローズアップされるなかエジプト野菜に
世界の注目が集まりつつあるが、日本は・・・。

TOPに戻る