2010年5月21日 11:00 PM

GUEST 006/禅僧・有馬頼底


臨済宗相国派 管長。8歳の時に家庭の事情で小僧となり、その後1955年に京都の相国寺に入門し、禅の心を学ぶ。現在は京都仏教会の理事長、さらに相国寺、金閣寺、銀閣寺の住職を兼務。京都の伝統を守り、禅の教えを日本のみならず海外に広め幅広く活動する。

有馬さんが薦める本

「いい人ぶらずに生きてみよう/千玄室」(集英社新書)

著者は、茶道の裏千家第十五代家元。
茶道文化を世界に広めることで平和の大切さを説く千玄室さんが、
生き方のヒントを綴ったエッセイです。
「自分自身に向き合うのではなく、人からどう見られるのかばかりを気にかける。
もしも、いま、あなたが、生きるのがしんどいな、と感じていたら、
考えてみてください。自分の中に『いい人ぶった自分』はいませんか?」

【有馬さんが選ぶ1文】


「死ぬと分かっている場所に行かなくてはいけない。
死にたくなくても死ななくてはならない。そういう現実を、君たちはどう思う?」


有馬さんは「死者を弔う以前に、人間の死というものに対する気持ちを、
日本の国民一人一人が持たなきゃいけない」と非常に感銘を受けたそうです。 

【こんな人に読んで欲しい】

"若い人全員に読ませたい。青年諸君に全部呼んでもらいたい"

【本の"たすき"を渡す人を】

「日本画家・森田りえ子さんを推薦します。
 型をきちっと守っていながら、その型からいかに抜け出していこうかっていうのが・・」


【森本智子のインタビュー後記】
http://ablog.tv-tokyo.co.jp/morimoto/2010/05/post-8.html
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
PICK UP NEWS
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]