現在61歳。サッカーJリーグ「アルビレックス新潟」の会長。そのもう一つの顔は神社の宮司だ。神社の息子として、あとを継ぐことを決意していたが、地域のシャッター商店街を目のあたりにし、故郷を活性化したいとの思いから地元で教育事業を始めた。そして14年前、経営不振に陥っていたサッカーチームの再建に向け、池田に白羽の矢が立った。スポーツも地域活性化の鍵となると信じ、池田はその重責を引き受け、チームを立て直し、J1昇格まで成し遂げた。

■池田さんが薦める本

「論語と算盤」/渋沢栄一(角川学芸出版)
※国書刊行会からも出版されています。
※「現代語訳 論語と算盤」 (ちくま新書)もあります。

日本の近代資本主義の父と言われる渋沢栄一の談話録。中国の思想家、孔子の教えをまとめた論語を道徳とし、算盤を経済にたとえ、「道徳と経済は一致すべき」と語っています。

池田さんはこの本が、経営とはなにかと行き詰ったときの大きなヒントとなっているそうです。

【働く人に語りかける言葉】

渾身の努力をさえ尽くしておれば、精神事業においての失敗は、決して失敗ではない
・・・誠実に努力した結果であれば、失敗であっても、それは失敗とは言い切れずいずれ運命が開けるということ。

かく一見残酷なる態度に出づる先輩は、往々後進の怨恨を受けるようなこともあるほどのもので、後進の間には甚だ人望の乏しいものであるが、かかる先輩は果たして後進の利益にならぬものだろうか
・・・これは部下を残酷にガミガミと叱る先輩であっても、自分にとって、実はメリットがあるのでは?という問いかけ。

働いている人にグッとくる言葉が数多く書かれています。

【本の"たすき"を渡す人を】

「フォーバルの会長、大久保さん。明るくて前向きに意思決定をされている方だと思います」


【森本智子の取材後記】
http://ablog.tv-tokyo.co.jp/morimoto/2010/12/post-20.html
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
PICK UP NEWS
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]