現在50歳。キャリア25年、講演やテレビ・ラジオなどでも活躍する人気の精神科医。昨年出版した「トリココ 幸せを見つける性格診断」では、その臨床経験をもとに人の性格を10種類に分類、それぞれの特徴を鳥にたとえて解説している。

■名越さんが薦める本
  「空海 人生の言葉」/川辺秀美 編訳
(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

「弘法筆を選ばず」などのことわざで知られる書の大家・空海(774~835年)。ゆかりの地をめぐるお遍路も人気ですがその言葉は意外と知られていません。"空海の言葉"を原文と現代語訳だけでシンプルにまとめたのがこの一冊。名越さんはこの本を読んで「仏教は宗教的側面以上に、ある意味心理療法・心理学だ」と感じたそうです。

編訳者の川辺秀美さんはカリスマ編集者として知られる人物。ビジネス書から音楽書、科学書など幅広いジャンルを手がけ、10万部を超える異色の作品を数々世に送り出しています。

 


【名越さんが選ぶ一文】

 

まったく不思議なことは、リーダーのたった一言が、人をして賤しくもし、尊くもするのだから。
「志について」p49

「リーダーが日和ったことを言うと、みんなの心がふわっと汚れるし、逆にダメな時にリーダーがもう一度自分の心を涼やかにすると、みんなにそれが伝わる。この人本当に平安初期の人?」と名越さんは感じたそうです。


【森本智子、お気に入りの一文】

 

あなたの心が暗闇であれば、巡り合うものすべて禍いとなります。あなたの心が太陽であれば、出会うものはすべて宝となります。

「心について」p18

 


【"人に出会う"ような本】

名越さんは、この本についてこう語ります。
「人が成長するときは、人に出会ったときだと思うんですよ。でも出会えないと悩んでいる人もいると思う。この本は、人に出会ったような新鮮な驚きを作ってくれる本」


【"最近気になる"こと・・・】

それは"怒り"がたまっている人が多いことと名越さんは言います。不安や気分の暗さの根本にも怒りがあり、その怒りがその人自身を傷つけているというのです。名越さんはそういった人々に"朝のさわやかな気分を自前でつくる"ことで、幾分か改善できるとアドバイスします。それは、早起きや、熱いシャワーを浴びるなどちょっとしたこと・・・。それで"心"が変わるそうです。

■番組内で紹介した名越さんの著書
  「トリココ―幸せを見つける性格診断 あなたのココロに棲む10の鳥」(リイド社)
 ※100の質問に答えることで、人の性格を10タイプに分類。

ちなみに森本アナは、3が多く「カナリヤ」タイプでした。
実はこの本、自分のタイプだけでなく他のタイプの解説も読めば考え方の違いが分かって人間関係がうまくいくコツをつかめるそうです。


【本の"たすき"を渡す人を】

「"運命"の権威、占星術研究家の鏡リュウジさん。かなりの読書家です。」


【森本智子の取材後記】
http://ablog.tv-tokyo.co.jp/morimoto/2011/02/post-125.html

[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
PICK UP NEWS
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]