08月10日(水)放送
山田五郎さん
評論家

山田さんは、西洋美術から音楽や時計、サブカルチャーまで幅広い知識を持ち、テレビやラジオで活躍。もともと講談社の編集者で若者向け雑誌「ホットドック・プレス」で編集長も務めた。色々なものに興味を持つ原点は編集者時代にあると山田さんは話す。「読者に紹介する僕自身が好きでないと伝わらない。好きになることが仕事なんだと。編集の仕事は、何が来ても好きになることが仕事なんだと思ってやった。すると絶対に面白くなって興味が持てた」

「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」
マックス・ウェーバー
(岩波文庫 )

ドイツの社会学者ウェーバーが100年以上前に書いた作品で、通称「プロ倫」。「欲を禁じて一生懸命に働く」というキリスト教プロテスタントの信仰が資本主義の成立に貢献したとウェーバーは分析する。山田さん自身は学生時代に途中で読むのを挫折したが、編集者時代に赤線を引きながら読み返した。本の中でウェーバーは、禁欲的な宗教の倫理で成立した資本主義がその後倫理を失い、暴走しお金儲けに走ることを予言した。

「コスモスは現在、圧倒的な力を持って、その機構の中に入り込んでくる一切の諸個人の生活スタイルも決定しているし、おそらく将来も、化石化した燃料の最後の一片が燃え続けるまで決定し続けるだろう」(プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神より)

金融危機を引き起こしたリーマンブラザーズの破綻や福島原発の事故を引き合いに出して、「資本主義の原点に戻ってもっと幸せになれる生き方があるのではないか」と山田さんは話す。

みうらじゅんさん
イラストレーター

「彼は歳は私と1つしか違わなくて、髪型は正反対なんですよ。向こうはロン毛で、私は髪がないんですけれど、髪型こそ正反対だけれどもハートは同じで常に一緒に飲み歩いてる。いいかげんなところまで含めて信用ができる人間です、僕にとっては。」(山田さん)


[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
PICK UP NEWS
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]