2月1日(水)放送
岩松了さん
劇作家

劇作家、演出家、映画監督として幅広く活動する。最新戯曲「アイドル、かくの如し」では、宮藤官九郎さんと夏川結衣さんを起用し、芸能事務所を舞台に夫婦愛を描いた。宮藤さんとは互いに舞台に出演する仲で「昨年最も長く一緒にいた」(宮藤さん)という。また、深夜ドラマで人気を集めた「時効警察」で、オダギリジョーさんの上司を演じるなど個性的な役者としても知られる。

「かもめ」
チェーホフ / 訳:神西 清
(新潮社)

「桜の園」などチェーホフが書いた四大劇の1つ。湖畔の屋敷を舞台に、女優志望の娘と劇作家志望の若者の恋を軸に物語は進み、成就しない恋を悲観した若者は自殺してしまう。チェーホフの作品の魅力について「淡々とした会話とストーリーの裏側に、多くの豊かなドラマが隠れている」と岩松さんは話す。
「例えば『今日はお風呂?ごはんにする?』という何でもない会話をずっと続けてきた夫婦がある日、水道の蛇口の閉め方が悪いと大喧嘩する。それは水道の蛇口が悪いという問題ではない。十何年間の間にたまってきた、何かの問題がたまたま栓を閉めていないという水道の問題で噴出する。人間の生活は水面下で色々溜まっていく。それが『かもめ』の中にある基本的な精神。水面下にこそドラマがある。」(岩松さん)。自分自身が書く作品も、チェーホフのように問題が表に出てこない「水面下のドラマ」を表現しているという。

岩松さんインタビュー(HP限定公開)

クリックするとインタビューを見ることができます

島田雅彦さん
作家

「大学の後輩です。島田さんが原作のテレビドラマに出演したことがあり、その打ち上げでお会いしたのが初めてです。先日あるレストランでばったり会いました。島田さんがどんな本を薦めるか興味があります」(岩松さん)


[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
PICK UP NEWS
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]