エンディングテーマに福山雅治を起用!


これまで小田和正、徳永英明など第一線のアーティストとコラボレーションを展開してきたWBSのエンディングテーを、4月から福山雅治が担当する。

ジャンルを越え幅広いフィールドでの活躍が知られる福山氏だが、ニュース番組のテーマ曲を手掛けるのは今回が初めてだ。
この4月から、1988年の番組スタート以来20年目に突入するWBSは、来年3月までの1年間にわたり「20周年プロジェクト」を展開する。

記念すべき年に経済ニュースの新たな視聴者層を獲得すべく、老若男女問わず絶大な支持を集めるトップミュージシャン、福山氏の起用となった。

エンディングテーマは、福山氏がそんな思いを込めた最初の作品として紡いだ楽曲「FREEDOM」のWBSスペシャル・バージョン。





■2007年3月までのエンディング曲
(徳永英明さん「home」)はこちら

■2006年3月までのエンディング曲
小野リサ「クリスタル ドリーム」(東芝EMI)
■2005年3月までのエンディング曲
(五輪真弓さん「ふれあう時を信じて」)はこちら

■2004年3月までのエンディング曲
(小田和正さん「明日」)はこちら


■2003年3月までのエンディング曲
(加藤登紀子さん「やさしい人よ 風に舞え」)はこちら


■2002年10月までのエンディング曲
(小椋佳さん「遠い夜景に」)はこちら

当ホームページは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されております。当ホームページは、当社及び本件サイトスポンサーに関する情報のほか、証券投資一般等に関する情報提供を目的としたものであり、証券投資につき、勧誘を目的としたものではありません。当ホームページは、当社が信頼性が高いとみなす情報等に基づいて作成しておりますが、その正確さを保証するものではなく、記載された情報により被った損害に関しては責任を負うものではありません。
Copyright (C) 1996-2007 TV TOKYO All rights reserved.