現在の時刻

番組表

自動的に切り替わらない方はコチラ

スミスの本棚

金曜拡大版の新コーナー。さまざまな分野で活躍する"読書人"に、今こそ読んで欲しいと思うお薦めの本を紹介してもらいます。 経済書やビジネス書に限らず、小説、マンガ、雑誌など・・・、意外なエピソードとともに、その本の魅力をお伝えします。

そして、最後に、次の読書人に"本のたすき"をつないでもらいます。読書の駅伝=リレー形式で、みなさまが週末に読む本の参考にしてもらえるような"新たな習慣"になればと思っています。

「スミスの本棚annex(=別館、付録)」では、リレーの合間に、本にまつわる様々な情報をお届けします。どうぞお楽しみに。

WBS スタッフ一同

GUEST 013/スターツコーポレーション会長・村石久二

2010.08.06

大和銀行(現りそな銀行)を経て24歳のときにスターツの前身となる不動産会社を創業。"拾う、救う"という経済哲学のもと、社員ひとりひとりの個性を発揮できる場をつくってきた。その結果、今では不動産事業のほか出版・金融・ホテル・介護事業などさまざまな事業を展開し、グループ企業の数は46社、社員数は約5000人という大企業に成長した。現在65歳。

村石さんが薦める本

「静かに 健やかに 遠くまで」/城山 三郎(新潮文庫)

経済小説の草分け、 城山三郎さんが書いた小説やエッセイから箴言(しんげん)と呼ばれる、心に訴える言葉や考えさせる文章を集めた本です。

村石さんが選ぶ一文

人生は謂わば一つの長距離競争だ。焦る必要はない。平らな心で一歩一歩を堅実に。最初から力の限り走る必要はない。急げば疲労をおぼえ、焦れば倦怠を招き易かろう。永い人生だ。急いで転んでもつまらないよ。


こんな人に読んで欲しい

"この本を読んで、もう一度、城山三郎さんの小説を読んで欲しい"

本の"たすき"を渡す人を

「AOKIホールディングスの青木 擴憲会長を。故郷が同じなんですけど、男性的で親分肌で...」

森本智子の取材後記

http://ablog.tv-tokyo.co.jp/morimoto/2010/08/vol-1.html