ニュース

2018.07.04 ソフトボール 世界一へのカギは"打"のレジェンド

8月2日に開幕する世界ソフトボール(千葉)に向けて北海道・石狩市で合宿を行う日本代表。エース・上野由岐子(35)と並んで大きな注目を集めているのがキャプテン・山田恵里(34)。金メダルに輝いた北京オリンピックでもキャプテンを務め、今度の世界ソフトでも主軸を担う頼れる存在だ。

その卓越したバッティングセンスから「女イチロー」と呼ばれる山田。準備を決して怠らず努力を続けるレジェンドは、チームメイトはもちろんのこと宇津木麗華日本代表監督からも一目置かれる存在だ。今も進化を続ける彼女に"求めるバッター像"を聞くと

「理想のバッティングは10割バッター」
「もっとすごい人になりたい」

追い続けることをやめない女イチロー。日本が世界一に輝くためのカギは"打"のレジェンドが握っている。

一覧

ページトップに戻る