ニュース

2018.07.31 パ最多の12勝投手ボルシンガー、世界ソフト決勝の地・ZOZOマリン攻略の秘訣を伝授!


8月2日に開幕する世界女子ソフトボール選手権。大会の決勝はZOZOマリンスタジアムで行われる。開催に先立ち、来日1年目でありながら本拠地である同球場で7勝をマークしている千葉ロッテマリーンズのマイク・ボルシンガーにプレーの感触を聞いてみた。


Q.好調の要因は?

ピッチャーとして波に乗って勝ち星が続くっていうのが必ずあると思う。その波に乗っているというのはあるが、あといつも言っている田村(龍弘)捕手。いつも本当にいいリードをしてくれて、先のことはあまり考えず一球一球丁寧にしっかりと勝負できているので集中できて本当に感謝している。そこが良いんじゃないかな。


Q.なかでも本拠地・ZOZOマリンスタジアムは特に得意としているが、(世界ソフトの決勝はZOZOマリンで行われるので)プレーする際のアドバイスを教えて?

ソフトボールは球場も狭くマウンドも近いと思う。僕の認識ではソフトボールは転がして塁に出るといった戦術だと思うけど、風の影響がこの球場はすごいので試合にも影響があると思う。

その日によって風がある日、ない日が違ってくる。風のある日は転がすというより高く上げて相手のエラーを誘うなり、フライを上げると本当に怖いくらいのどうなるか分からないくらいのボールがいろんなところに来るので。それも一つの戦術かなと。風のある日っていうのは考えなくちゃならないと思う。


Q.女子ソフト日本代表の選手にエールを。

ここ千葉は本当に雰囲気がいいところなので、まずは楽しんで。それから真剣なプレーを楽しみにしています。球場以外でも楽しめるところがあるので、そこで球場を出た時にはそこで楽しんでいただければと。本当に頑張ってください。

世界ソフト放送スケジュールはこちら

一覧

ページトップに戻る