P LAYER 出場選手

平野美宇 | HIRANO Miu

>
平野美宇 9

平野美宇

WS

逆襲のメダリスト

生年月日

2000年4月14日

出身地

山梨県

所属

日本生命

世界卓球出場回数

4回

戦型

右シェーク両面裏ソフトドライブ攻撃型

プロフィール

卓球選手の両親のもと、3歳から卓球を始める。小学1年で全日本選手権のバンビの部を制し、同学年の伊藤美誠と切磋琢磨をしながら、数々の最年少記録を打ち立ててきた。

リオ五輪の出場を逃した2016年から、より攻撃的なスタイルにチェンジしたことでプレーが一気にスケールアップ。2016年のワールドツアー・ポーランドオープンでツアー初優勝、続くワールドカップでも史上最年少Vを果たす。

2017年1月の全日本選手権では、石川佳純に前年の雪辱を晴らして史上最年少優勝を果たすと、4月のアジア選手権で丁寧、朱雨玲、陳夢という格上の中国選手を3連破してセンセーショナルな優勝。6月の世界卓球2017ドイツ(個人戦)でも準決勝まで勝ち上がり、48年ぶりとなる女子シングルスのメダルを獲得した。目覚ましい活躍を見せた2017年だったが、それ以降はやや調子を落としており、2019年1月の全日本選手権では5回戦で14歳の木原美悠に敗れた。悲願の東京五輪出場へ向けて、今大会で「ハリケーン復活」をアピールしたい。

プレースタイル

右シェーク両面裏ソフトドライブ型で、元々は安定志向のラリータイプだったが、現在はドライブの威力も連打のスピードも攻撃的に進化。コートの両サイドを広角に打ち抜く両ハンドドライブは中国選手がノータッチで抜かれるほどの高い精度を誇っている。

主な戦績
大会 成績
2018 世界卓球 団体銀メダル
2018 チームワールドカップ 団体銀メダル
2017 世界卓球 シングルス銅メダル
2017 アジア選手権 シングルス金メダル・団体銀メダル
2017 全日本選手権 優勝
2016 女子ワールドカップ 優勝

出場選手一覧