• 自分の身体のSOSに耳を傾けてみよう

9/24 #026「あなたの身体を守れるのは…あなた」
園田マイコさん

今回は、モデルの園田マイコさんがいらっしゃいました。
園田さんは2008年、30代の終り頃にふとしたことから乳がんが見つかりました。園田さんの場合は早期に見つかったため、選択肢も色々とあったそうですが、最初は「まさか自分が乳がん…」と思ったそうです。

病院で診断を受けたのですが、ファーストオピニオンとセカンドオピニオンでは、乳房全摘と宣告されたそうです。サードオピニオンまで診断を受けて、そこでも全摘と言われたのですが、精密検査の結果、最終的に乳房を温存する方法で治療していくことになったそうです。

転移の可能性もあり得る状況だったということで、当初は現実を受け入れられない時間があったと言います。
今、こうしてキラキラしている姿を拝見すると、言葉にならないくらいです。園田さん頑張ったんですね!

闘病中のお話も伺いました。ある日友達から「ランチ行こう」と誘われ、外へ出るならお化粧をしなくてはと思い、久しぶりにマスカラやアイシャドーでメイクしていくと、目の前がパーっと明るくなって、心まで前向きになれたそうです。その時園田さんは、女性に生まれて本当によかったと思ったそうです。
お化粧は“魔法”ですね!

闘病体験を通して一番伝えたいことを園田さんに伺ってみました。
「自分の身体って自分にしかわからない。身体が悲鳴を上げているとか、SOSのサインを出している時は必ずあるので、そういうことに耳を傾けてみて」とお話下さいました。

園田さんの今の夢は「日々楽しく健康に、一日一日を大切に過ごすこと。そして自分の経験も何か意味があるのかもしれないので、多くの人の前に出て元気になった姿を知ってもらえたらと思う」と笑顔でお話下さいました。
検診も「痛い」と思われがちですが、技術の進歩で日々痛みは緩和されています。自分の大切な身体のことですから、皆さんも一度検診に行かれたらいかがでしょうか。

お客様紹介トップへ戻る

東京都