バックナンバー

2012年4月30日放送

世界最大のリゾートはマカオ!?

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

世界最大のリゾートはマカオ!?

沸騰の現場は、中国の特別行政区・マカオ。東京世田谷区の半分ほどの面積の小さな街に今、世界から年間2800万人の観光客が押し寄せている。最大の目玉は、「カジノ」。マカオは、いまや、あのラスベガスを大きく引き離し、世界一のカジノタウンとなっているのだ。その快進撃が止まらない。今月新たに、6000の客室、700のショップと150のレストランを備えた世界最大級の巨大カジノリゾードがオープンした。カジノだけにとどまらない総合エンターテイメントリゾートを目指す新しい施設、「金沙城中心(サンズ・コタイ・セントラル)」を手掛けたのは、アメリカ・ラスベガスの巨大資本『サンズ』。SMAPのCM「空中プール」で、今日本人が最も泊まりたいホテルとして話題のシンガポール・マリーナベイもサンズ資本だ。番組では、巨大カジノリゾートの魅力と全貌に迫った。さらに、そのカジノ帝国のドン、アデルソン氏を独占取材、彼の視線の先に、日本があることが明らかに...。果たして、日本でもカジノリゾートは誕生するのか?その経済効果とは!?

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

マカオの光と影

2010年12月、あの男が、ある所に視察に向かっていた。当時大阪府知事だった橋下徹氏だ。行った先が、マカオ。カジノリゾート関係者との会談などを終えた後、「カジノは日本経済の切り札」と語った。マカオがどれほどすごいのか。
そのGDP成長率は、2年連続で、20%超え。マカオは中国の特別行政区ではあるが、国としたら世界一だ。また、一人当たりGDPもアジアナンバー1。それを支えるカジノ収入は、倍倍ゲームだ。去年は2兆8600億円。すでにあのラスベガスの5倍である。そして、マカオの税収の7割がカジノからだ。地元への恩恵は多大なものがある。去年は、市民56万人の全員に「生活支援金」という名目で、現金8万円が還元された。さらに医療費も、全員無料。雇用への貢献も大きい。
一方、影の部分が犯罪だ。大型カジノリゾートの開業ラッシュとともに、マカオの犯罪件数も増加。
警察官を大量動員して24時間監視に当たっている。ここ数年は、その効果か、増加は抑えているという状況で、治安の手間と費用が重くなっている。

お台場カジノ構想も!?

この4月にマカオに世界最大級のカジノリゾートを開業したのが、サンズ。その会長が、アデルソン氏だ。新聞配達から、コンピューター見本市ビジネスで成功し、ラスベガスに進出。今では、7つの巨大カジノリゾートを持ち、フォーブス誌の世界富豪ランキングで第6位になったこともある。その手法が、ベネチアの街並みを再現したショッピングモールや会議場、コンベンションセンターなどカジノ以外の施設を充実させる“統合リゾート”というもの。アデルソン氏は、ジパングの取材に、「経済への一番の刺激剤が、統合リゾートだ。私が日本で統合リゾートをやるなら目をつけている場所が2ヵ所ある。それは、東京と大阪だ。」と、次なる野望を語った。
そして、すでに行動に移し始めた。お台場で開かれたカジノ創設にむけたシンポジウムに、アデルソン氏の右腕とされる人物が登場。実際に、お台場のカジノリゾートの構想を披露したのだ。

NAVIGATOR

後藤康浩(日本経済新聞社 編集委員)

「中国、高成長神話の終焉」「ニッポンの鉱山」「ポスト中国の人口大国」に続き、沸騰ナビゲーターとして4回目の登場。1984年日本経済新聞社入社。バーレーン駐在、欧州総局(ロンドン)駐在、東京本社産業部、北京駐在、論説委員兼編集委員、アジア部長を経て、現在、日本経済新聞社編集企画センター兼アジア部編集委員。 <主な著書>『強い工場』、『勝つ工場』、『アジア力』。近著に、『資源・食糧・エネルギーが変える世界』(いずれも日本経済新聞社)。

相内優香(テレビ東京アナウンサー)マカオリポート!

未来予測

3年後には日本にカジノ誕生

カジノを解禁している国は世界で125カ国にある、先進国の中で唯一合法化していない日本。長期停滞している日本経済にとって、解禁する事は、起死回生のチャンスである。予測の根拠は、シンガポール。カジノ解禁の是非をめぐる論議の末、2006年に解禁。2010年にはカジノリゾートが建設され、経済成長率は建国以来史上最高の14%を記録した。
カジノリゾートとは、ギャンブルの要素を減らして、会議場やコンベンションセンターを充実、スポーツやショッピングなど複合的な楽しみ方ができる統合型リゾートを意味する。アジア一円から人を集める可能性を持っている上、リゾート建設が関連業界に波及効果を生み出し、雇用も増える。ただし、治安対策は求められる。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。