バックナンバー

2012年12月10日放送

バナナとレアアース~価格暴落の裏側に中国の戦略と誤算

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

バナナとレアアース~価格暴落の裏側に中国の戦略と誤算

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

 「1房58円」...今、バナナがスーパーで文字通り、叩き売り状態にある。その背景にある、フィリピンと中国の摩擦とは一体?また、同じく今、値が急落しているものに、レアアースがある。領土問題と経済をからめる中国の戦略と誤算とは。

  • スーパーで売られているバナナ スーパーで売られているバナナ
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

バナナ叩き売りの裏側に…南シナ海問題が!?

 バナナが今、なぜ安いのか?東京のスーパーや青果市場で聞いて回ると、「大量のバナナを載せた船が、中国の港に入る直前にキャンセルされ、東京に流れてきた」と関係者が明かした。取材班は、フィリピンに飛んだ。世界有数のバナナ生産・輸出国のフィリピン。その中心地、ミンダナオ島を訪れると、あちこちから生産農家の嘆き節が聞こえてきた。「中国がバナナを買わなくなったのは、スカボロー礁の領有問題が起きてからだ」。中には、生産、出荷を停止してしまった地区まであった。フィリピンが直面する中国との領土問題の実態とは…。フィリピン海軍が独占取材に応じた。

フィリピンのバナナ生産者 フィリピンのバナナ生産者

あのレアアースショックから2年…意外な実態

 2010年に起きた尖閣沖の中国漁船衝突事故をきっかけに、中国が発動したとされるのが、レアアースの事実上の禁輸措置。ハイテク電気製品のモーターに欠かせない材料がストップして、日本の製造業に衝撃が走った。これを機に、レアアース価格は暴騰。このとき、世界シェアの9割を握る中国の、あるレアアース産地を訪れると、その城下町は好景気に沸いていた。
ところが、あれから2年…再び訪れてみると、町の様相は一変していた。レアアース価格が暴落していたのだ。中国の誤算、その陰では、日本の対策が功を奏していた。

中国のレアアース鉱山 中国のレアアース鉱山

NAVIGATOR

後藤康浩(日本経済新聞社 編集委員)

沸騰ナビゲーターとして8回目の登場。1984年日本経済新聞社入社。バーレーン駐在、欧州総局(ロンドン)駐在、東京本社産業部、北京駐在、論説委員兼編集委員、アジア部長を経て、現在、日本経済新聞社編集企画センター兼アジア部編集委員。 <主な著書>『勝つ工場』、『アジア力』、『資源・食糧・エネルギーが変える世界』(いずれも日本経済新聞社)。

未来予測

経済報復はブーメラン

 「海洋強国」を目指す中国は、領土問題と経済をリンクさせている。2010年の尖閣諸島沖漁船衝突事件の際には、レアアースの輸出規制を発動し、日本の産業界に打撃を与えた。しかし、その後日本は、官民一体となって調達先の多様化や、代替品の開発を急いだことにより、中国産レアアースへの依存脱却が進んだ。世界最大のレアアース消費国が輸入を急減した結果、中国は、窮地に立たされる事となった。経済報復は、結果的にブーメランのように巡り巡って自分の所に返ってくるというのは、世の常である。
反日デモも、もちろん日本企業への打撃は計り知れないが、その後、中国国内への影響が広がっている。日本の自動車が不買に遭っているが、従業員は中国人であり、今や7割〜8割の部品が現地調達。現地下請け企業は、これから一時的な工場閉鎖などに追い込まれるところも出てくるだろう。
日本側としては、1つの国、1つのものに依存しすぎない。多様化する、多角化するということが、非常に重要になってくる。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。