バックナンバー

2014年1月27日放送

驚きの"拝金主義"中国を変える!ニッポン式"こころの経営"

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

驚きの

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

急速な経済成長の影で、利己主義、拝金主義がはびこる中国。お金が第一の人間関係と、びっくりするようなモラルなきビジネスが、問題となっている。そんな中国で、一人の日本人経営者が脚光を浴びている。JALを再生したあの稲盛和夫氏だ。稲盛氏が掲げる経営哲学は、"家族主義""嘘をつかない誠実なビジネス"など、拝金主義とは真逆とも言えるもの。一体なぜそのような"こころの経営"が受け入れられるのか?実態を取材した。

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

“拝金主義”中国、モラル無き商売

中国名物・羊のしゃぶしゃぶの羊肉に、キツネやネズミの肉が使われていたり、下水から汲み取った廃油を濾して販売するなど、モラルに欠ける驚きの事件がたびたび明らかになるのが今の中国。取材班は、旧正月間近の中国の鉄道駅で、新手の商売が流行っているのをキャッチした。それは、帰省客向けに販売している携帯電話やスマートフォンの充電式予備バッテリー。しかし、このバッテリーの中を開けてみると…中には何とも驚きのものが入っていた!

中国驚きの商売 中国驚きの商売

日本のカリスマ経営者が大フィーバー

中国・成都で最大の不動産会社の社長、徐さんは今、「目先の利益の為に客をだましていた」と、これまでのビジネスを反省している。徐さんは、稲盛哲学と出会ってこれまでの手法を180度転換したのだという。
実は中国では、書店に稲盛氏のコーナーが出来る程、大人気。総計350万部を超えるベストセラーとなっているのだ。
去年10月、徐さんの会社では6000人が集まる社員集会を開いた。そこに特別ゲストとして招かれたのが、稲盛氏。その時、6000人の熱狂が最高潮を迎えた…。

「稲盛ファン」のプラカードを掲げる中国人社員たち 「稲盛ファン」のプラカードを掲げる中国人社員たち

“個人主義”脱却へ日本のあのイベント大復活!

中国国内では、稲盛氏の経営哲学を学ぶセミナーが定期的に開かれている。そこでは1500人の経営者達が、稲盛経営を実践した体験談の発表に真剣に耳を傾けていた。
参加者の一人、龔臣(キョウ・シン)さんは急成長しているエステサロンチェーンの経営者。
エステ業界ではスタッフの給料は歩合制がほとんど。その為、エステ中に美容クリームなどの関連商品をスタッフが客に押し売る事が日常化し、次第に客離れていく状況に…。
危機感を抱いた社長は、稲盛氏の唱える「他人を思いやるこころの経営」で会社を建て直そうと取り組み始めた。
ある日、その稲盛流にならった大イベントを開催した。日本ではもうあまり見なくなった社員参加型のイベントだ。果たして、稲盛氏をはじめとする“昭和の経営”手法は、中国をどこまで変えることになるのか…?

 稲盛和夫氏 稲盛和夫氏

NAVIGATOR

高柳正盛(日経ビジネス発行人)

1963年生まれ。87年早稲田大学卒業後、大手百貨店に入社。91年日経BP社へ。「日経ビジネス」記者、「日経レストラン」「日経トップリーダー」編集長を経て現職。流通産業、外食業界、企業経営に精通。

未来予測

“昭和の経営”が世界に影響

今や時代遅れにも感じる運動会やコンパ、さらには、社歌・社訓・社是などを用いて一時代を築いた日本の“昭和の経営”が、世界で再び注目されている。
グローバル金融の時代になって株主の利益を追求する考えが広がっていたが、稲盛和夫氏の「社員の幸せを第一に考える」という経営理念が世界で受け入れられつつあるのだ。
今、就職セミナーに、日本の家族経営に魅力を感じ日本での就職を希望する外国人の学生が殺到している。仏教や儒教がベースにある中国などのアジアだけでなく、成果主義の欧米でも、稲盛氏の経営哲学を学ぶ「盛和塾」がアメリカでも浸透し始めている。この“昭和の経営”が世界中に広がれば、日本企業が海外進出する際に受け入れられる土壌となると高柳は言う。
影響を及ぼすのは外国だけではない。日本でも、これからのグローバル戦略に勝つためには、企業として何が大切なのか経営陣がはっきりと示すことの重要性を認識することが必要だ。日本の古き良き“昭和の経営”から学ぶことは多いだろう。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。