バックナンバー

2014年4月28日放送

中東ドバイが復活か、バブル再燃か!? 今ニッポン製が沸騰中

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

中東ドバイが復活か、バブル再燃か!? 今ニッポン製が沸騰中

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

2009年11月、世界に衝撃を与えた「ドバイ・ショック」から4年半。"瀕死"寸前だった中東ドバイが再び活気を取り戻し蘇ろうとしている。上空から見てみると頓挫していた2.3兆円の大規模建設プロジェクトが再開。50%ダウンした不動産価格も高騰し始めていた。
ドバイのこだわりが世界一の数々。今年2月ドバイ国際空港が、ロンドンのヒースロー空港を抜き旅客数世界一に躍進。更に世界一のタワー"ブルジュ・ハリファ"や世界最大級のショッピングモール"ドバイ・モール"には各国から観光客が大挙していた。そんな観光客に人気なのは世界最速のパトカー、1億6000万円。観光のアピールにも使われている。
一方ドバイで売り上げを伸ばしていたのが、日本でお馴染みの100円ショップ。店内にはパッケージも日本のまま、9000種類もの商品が所狭しと並ぶ。ドバイの売れ筋商品は何か、意外にも...。

  • ドバイ巨大プロジェクトは今… ドバイ巨大プロジェクトは今…
  • 100円ショップ 人気は意外なグッズ? 100円ショップ 人気は意外なグッズ?
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

日本のスイーツが爆発的ヒット!新商品開発へのヒントとは…

アルコールが禁じられているイスラム教国ドバイ。実は甘い物が大好きなスイーツ大国だった。巨大ショッピングモールで世界中の有名スイーツ店が凌ぎを削る中、日本から進出したのが「ヨックモック」。価格は日本の約2.5倍にも関わらず、豪華(約6万円)な詰め合わせが、飛ぶように売れていた。人気の秘密はドバイ独自の売り方。その一つが冷蔵システム完備の専用車両。自宅まで最高の状態で届けるこだわりぶり。そして訪れた日本で「ヨックモック」の味に取り憑かれ、ドバイ進出を口説き落としたアラブ人オーナーから突然、新たな提案が…。店舗の拡大へ中東ならではの新商品を開発してほしいと言うのだ。初めての試みに立ち上がった一人の日本人がドバイで奔走する。

ドバイはスイーツ大国 ドバイはスイーツ大国

ドバイから起死回生!中東シェア7割を誇る日本ブランドとは?

今から40年程前、まだドバイが世界から大きな注目を集める以前に、起死回生を狙って進出した日本企業があった。今なおイスラム教国ドバイの伝統であり、王族にも愛されるシェア7割を誇る日本ブランドとは…。日本のものづくりの技術が息づく老舗メーカーの秘密、新たな戦略を密着取材した。更にドバイを拠点に中東全域へとマーケットを広げる「ハブ戦略」の最新事情とは…。日本に大きなビジネスチャンスをもたらず現場に、今回特別な許可を得てジパングのカメラが入った。

シェア7割!ニッポンの技術で圧倒 シェア7割!ニッポンの技術で圧倒

NAVIGATOR

畑中美樹(国際開発センター エネルギー環境室研究顧問)

1950年東京都生れ。慶應義塾大学経済学部卒業。富士銀行、中東経済研究所カイロ事務所長、
国際経済研究所、国際開発センター エネルギー・環境室長などを経て現職。
ジェイ・エル・エナジー代表取締役も務める。中東に豊富な人的ネットワークを有する。
著書に『「イスラムマネー」がわかると経済の動きが読めてくる!』(すばる舎,2010年)
『中東のクール・ジャパニーズ』 (同友館,2009年)など。

未来予測

3度目の正直

過去ドバイを襲った経済危機が、20世紀初めの「養殖真珠ショック」。当時、天然真珠で潤っていたドバイが、日本のミキモトによる歴史的な養殖真珠の開発で危機に陥った。この逆境をドバイは貿易拠点となり、発展することで乗り切った。そして4年半前の「ドバイショック」で経済はまたも窮地に。しかし世界経済が少しずつ回復に向かう中、中東・北アフリカで起きた民主化運動「アラブの春」によって偶然にも状況が好転。金融システムが安定し、インフラも整うドバイに資金が再び集まったのだ。そして今ドバイは、埼玉県ほどという小さい国であることを逆手にとって、新たな戦略をスタート。人・物・金を「三位一体」で集め、港・空港・リゾート地帯を造るという「総合物流・レジャー拠点」を未来に向け目指している。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。