バックナンバー

2014年9月8日放送

世界を救う日本の水ビジネス

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

世界を救う日本の水ビジネス

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

いま世界で7億8000万人が安全な水を手に入れることができないという。そんな場所に日本が安全な水を届けていた。雨水を使う画期的な方法を考案した墨田区保健所の元職員が、2000万人もの人が深刻な水問題に直面するバングラデシュへ。寄付でなく、あくまでもビジネスとして根付かせようと動いていた。一方、インド洋の楽園モルディブは地球温暖化による海面上昇のため、井戸水が塩水に変っていた。そこで、日立が最新の水処理技術を提供していた。

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

日本の中小企業がフィリピンの水を美味しくする

フィリピンのマニラ郊外では水道は通っているのだが、その水質に問題があった。マニラの浄水場から送られてくるのだが、途中、水道管や給水タンクの状態が悪いため水質が変化、悪くなっていたのだ。そんなフィリピンの水道を安全で美味しく飲めるようにするために山梨県からやってきたのが、明和工業だ。社員13人の小さな会社だが、砂を使った画期的なろ過装置を開発、これで不純物をろ過するというのだ。果たして、変わるのか?

明和工業のろ過装置 明和工業のろ過装置

井戸水にヒ素が…バングラデシュに安全な水を

いっぽう、バングラデシュの農村部ではさらに深刻な事態が…水道は通っておらず、村人たちは井戸水を飲んでいた。しかし、バングラデシュの井戸には、ヒ素が含まれる地域が多い。なんと2000万人以上の人が、基準値を上回るヒ素の含まれた水を飲んでいるという。そんなバングラデシュで、安全な水が手に入るよう尽力する日本人がいた。村瀬誠さん、墨田区保健所の元職員だ。村瀬さんは、雨水を利用するという驚きの方法で村人たちに安全な水を提供していた。しかも、ボランティアではなくビジネスとして根付かせようとしていた。

バングラデシュで雨水利用に取り組む村瀬さん バングラデシュで雨水利用に取り組む村瀬さん

南国の楽園モルディブに水の危機

インド洋に浮かぶモルディブ。周りを海に囲まれたこの国でも、飲み水に問題が起きていた。…人口の増加によって地下水をとりすぎ井戸水が枯渇、海水が混じるようになったのだ。そんな水不足に一役買っているのが、日立だ。日立は、逆浸透膜を使った海水淡水化技術で、海水を真水にろ過、モルディブでは水道の水がごくごく飲めるようになっていた。さらに日立は、海の中、水深800メートルの場所から、海洋深層水をとりだし飲み水に利用するという巨大プロジェクトに乗り出していた。

モルディブ共和国 モルディブ共和国

日立の海水淡水化技術 日立の海水淡水化技術

NAVIGATOR

吉村和就(グローバルウォータ・ジャパン)

1948年秋田市生まれ。大手エンジニアリング会社で営業、市場調査、経営企画に携わり、ゼロエミッション(廃棄物からエネルギーと資源創出)構想を日本に広げる。1998年より国連ニューヨーク本部に勤務、環境審議官として発展途上国の水インフラの指導を行う。現在、グローバルウォータ・ジャパンの代表を務め、日本の環境技術を世界に広げる活動をしている。
主な著書に『水ビジネス 110兆円水市場の攻防』(角川書店)『日本人が知らない巨大市場 水ビジネスに挑む』(技術評論社)などがある。

未来予測

2025年 日本がアジアの水メジャーに!

世界の水ビジネスは2025年に110兆円規模になると予測されている。その中で日本が狙うのはアジアの市場30兆円だ。しかし、そんな大きな市場をみな指をくわえて見ているわけではない。すでに韓国・シンガポールなど強力なライバルが出現している。これに対抗するためには、大企業・中小企業・個人などの民間と事業運営のノウハウを持つ自治体が協力し、官民一体となり進出を狙う必要がある。更に重要なのが「ジャパン・イニシアチブ」。日本が主導権を取りながら、海外の企業と協力する。現地に雇用を生み、産業をつくることで長期的なビジネスに発展し、日本がアジアの“水メジャー”になる可能性が膨らむのだ。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。