アフレコ取材

スキップ・ビート!

オープニングテーマ「Dream Star」を歌う、the generousのボーカルyokoさんにインタビューしました!

まずは、今回のアフレコの感想をお聞かせください。
初めての体験だったので、結構ドキドキワクワクしていたんですが、セリフが短いこともあって、自分ではスムーズに言えたんじゃないかなと思っています。
始まる前に、ブースの中に入って、他のたくさんの声優さんと、ご挨拶をさせていただいたんですけど、自分が思っていたよりも、若いというか、同じ世代の方々がたくさんいらっしゃって、非常にパワフルな印象を受けました。
私は、まだデビューして間もないので、そういった同年代のアーティストの方と同じ現場でお仕事をする機会があまりなかったんですが、今回のアフレコでは、そういう自分に近い世代の方々とお話ができたので、とても新鮮でしたし、楽しかったです。
なにかAR現場でのエピソードがあったら、教えてください。
とにかく何かもが初めてということで、うまくできるかすごく不安でした。
一言のセリフなのに、何十回も録ったら申し訳ないな~とマネージャーさんたちとも話していたんですけど、本当に優しく指導していただいたので、意外とすんなりとできて・・・。
もし、また機会があったら、今度はもう少し長いセリフにも挑戦したいなと思います。
実際にご自身のキャラクターがアニメ用にデザインされているのをみて、いかがでしたか?
すごくかわいく、綺麗に描かれていて、とてもうれしかったです。特に、アニメの中で自分の着ている服が、アーティスト写真の格好そのままだったので、それがすごくうれしかったです。
スキップビートの原作・アニメを見た感想はいかがですか?
やっぱり、主人公のキョーコと自分を重ね合わせることがすごく多かったですね。
特に、キョーコの落ち込みやすい反面、好きだった人を見返す為に、芸能界で絶対頑張ってやろうという、負けん気の強さなんかは、私と似ているなと思ったりして。
そういうところを照らし合わせながら、本当に楽しんで読めました。
スキップビートの中で、好きなキャラクターはいらっしゃいますか?
やっぱり主人公のキョーコですね!自分と似ているからというのも、もちろんありますけど、単純に読んでいて頑張れ!って思わず応援したくなるようなキャラクターなので、とても好きです。
OPテーマ『Dream Star』についてですが、作詞をされるときや、歌われるときに、何か意識していることは、ありますか?
特にすごく何かに意識したというわけではないんですけども、やっぱりスキップビートのお話自体が、芸能界で頑張って奮闘していく女の子のお話なので、心境的に自分に近いというか・・・・。
だから私自身が持っていた芸能界に対する不安や、頑張ろうっていう強い気持ちが、作詞していても、自然と出てきたような感じがしますね。自分に対しても、もちろんそうですけど、聞いてくれている人たち、芸能界というくくりだけではなく、大学受験や就職などいろいろな部分で不安を抱えている人たちに対しても、自然に届けられる応援ソングになったと思います。
アーティストとしての目標をお聞かせください。
目標は、本当にいっぱいあって、あれもしてみたい、これもしてみたいという感じなんですが、その中でも、ライブ活動をたくさんやって、都内だけでなく全国も、もっとまわりたいなと思っています。先日も、デビューイベントで、名古屋と大阪に行ったんですけど、私自身、あまり日本の各地をまわるという経験がないので、そういう行ったことがない場所に行くのも、とても楽しみですし、近い将来、たくさんの人たちがライブにきてくれて、そこでお互いに元気をいっぱいあげたいし、もらいたいなと・・・。みんなに、the generousは、ライブがいいよね!と言われるようなグループにしていきたいですね!
生の音や声を通して、いろいろなパワーを感じてもらえたら嬉しいです。
最後に、キョーコのように夢に向けて頑張っている視聴者の方へメッセージをお願いします。
私はやっぱり夢を持つということ自体が、とても素敵なことだと思うんです。それは芸能界だけではなく、学校の先生になりたいとか、とにかく自分がこうなりたいという夢を持つことが、すごく大切なことなんじゃないかと・・・・。
だからまずは、そういう素敵な夢を持てた自分や、その想いを大切にして、あきらめないで進んでいってほしいと思います。

ページトップへ

AT-Xのオススメ

AT-X
AT-X
「AT-X」はワンランク上のアニメ専門チャンネルです。今なら、春の新作アニメが目白押し!
新規加入キャンペーンも!

メルマガ

InterFM

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.